仮説「性弱説」       

                                       ホームページの表紙に戻る
  1. 前書き
  2. 性弱説とは何か
  3. 最近の事例の分析
  4. 結 語

1.前書き
FLOWER.gif 一介の技術屋がこのような変なことを唱えるのは色々な伏線もあるが、話は50年以上も前にさかのぼるのである。
 
 私は多感な青春時代を京都の旧制高校で過ごした。モリエールの「人間嫌い」等に影響されて、お寺に籠もろうと考え、東山筋をたどつて南へ下りながらいくつかのお寺の門を叩いた。やっと東山通りの最南端東福寺境内にある破れ寺で、和尚がよし分かった儂の居室を開けてやろうと快諾、そこに住み着く事になった。飄々とした和尚は昭和の初期廃寺寸前のこの寺に入って再興したが、境内が広すぎて手の着けようが無く、自然のままに荒れ放題にしていると言う。

 私はここで人里離れた静かな生活を楽しむほか、朝夕の掃除や枯淡の和尚とつき合う内に、「許す」と言う事、一歩進んで騙されても騙されても相手を許すと言う事は非常に難しいが、人間の精神を極めて高く止揚するものである事を悟った。「赦して欲しい」は神や仏に対するお願いだが、人を許すことは至難の業である。この世の中に「許し難き事」「許し難き奴」が如何に多いことか。何故許すことが難しいのか。

 「許す」と言うことが私の人生指標の一つとなったが、いろいろ人生の苦渋を振り返ってみると、「許す」と言うことがなかなか出来ないのは自我に固執するためであり、それでいて一方では自己保身のために自分の主観をすら枉げることがあると言う矛盾がある。原始仏教に三法印と言うのがあって、そのなかの一つに「諸法無我」と言うのがある。これについて宗教学者脇本平也氏は「世界は我が意のままに支配し得るようには出来ていないのだから、そのような我執を捨て去れ」と解説している。何れも私の本質に弱い所がある為か、迷える自我に悩み続けるのである。西田幾太郎の善の研究によると「主体と客観が完全に統一されて自然に素直に湧き出てくるものが善」であるという。その完全なる統一が難しいのだが、解るような気がする。パスカルは「人は葦の如く弱し。されど人は考える葦である」と言っている。

 主観と客観、自我の調整不能、それに人間の本来の「弱さ」が入り組んで、矛盾に富んだ我が恥多き人生は混乱と苦悩にさいなまれ、問題は少しも解決しない。これが性弱説と言う仮説を着想する事となったのである。数年前業界の雑誌に無理矢理随筆を頼まれ、苦し紛れに仮説「性弱説」を書いた。若干の反響があったが、かえってその実証に苦しむことになる。業界誌に出した文章に若干の修正を加えて次に示す。

2.性弱説とは何か
A_SORRY.GIF
 世の中に性善説と性悪説があることはよく知られている。しかし人間には本来「弱い所があって」これが迷わせ、悩ませ、ためらわせ、色々な物議を醸すのではないか。従って性善説・性悪説の両説を越えたもっと奥深い深遠な薄暗い所に性弱説と言うものがあるのではないか。ただし社会的弱者とは意味は異なる。古今東西、この「人間の弱さ」故に、或いはその反面教師として幾多の歴史的事件、戦争、或いは小説・劇・物語や我々日常生活の葛藤が生まれているのではないか。
 人間は本当に弱い。手記とか自分史は自分の都合の悪いことは書かない。自慢史であり欺瞞史となりがちである。だから自己を語ることは退屈なのである。伝記本でも最も秘められた隠された所をえぐり出してこそ評価されると言う。

 性弱説というのは情緒的な仮説であって大それた学説ではないが、これを具体的な事象で立証してみたい。ようやく暇が取れるようになったので、これから日常の様々な出来事や新聞雑誌の他、書庫で埃をかぶっている昔の本を読み返して多くの事例を集め、整理分類して見たら面白いのではないかと思っている。    (1995−9 エネルギーフォーラム)

3.最近の事例の分析
KOJI.4.gif 
 以上の次第で短い期間で拾い集めた事象を無理矢理整理してみた結果を此処に披露して色々なご意見を賜りたいと思っている。勿論これらは未完成である。
 
 実は、この仮説「性弱説」の前の論文「21世紀後半の世界の一次エネルギー」議論は電力業界から余り歓迎されていない。何となれば、当面の10年位の問題で頭が一杯なのに100年先の事や、環境問題で出来もしない水力の開発を煽って甚だ迷惑だと言うのである。またこの後の節「水力の経済特性」は会社経理にかんする事だから最も忌避されている問題である。前者は水力の「量」の問題を、後者は「コスト」の問題を取り扱っている。

 戦後50年奇跡的な復興を遂げた日本も、いつの間にか上も下も大過無く過ごしたいと言う仲良しクラブ的気分が横行するうちに、周りの世界がそれを許さなくなって来ている事にようやく気がつき始めた。金融ビックバン、行財政改革、環境問題等々の表徴的なキーワードを見ても明らかである。

 この度びこのホームページで水力の新しい問題を大胆に提起する。しかし新しい時代を迎えて、新しい角度から新しい理論を打ち出そうとしても、実際問題なかなか打ち出すことは出来ないものだ。何故出来ないのか。その理由は既成の概念を甚だしく逸脱するからであり、関連業界の睨みが怖い。だから身を守るためにそのまま温めめてしまうのである。更には、温めてしまった事を正当化するためにまた色々と弁明するのである。

 1992年水力百年記念大会のあと、政府は資源エネギー庁長官の私的懇談会として水力新世紀計画を審議した。筆者も委員の一人として持論を展開したが、水力は燃料の価格変動がないので石油ショックのような事態では電気料金を引き下げる要因があるとして、水力の開発は電力会社が通常行う電源開発の2〜3割高い所を狙う事とし、政府はそれより高い水力地点に対し助成金を強化する措置を執った。しかし電力会社はこれに余り積極的な興味を示さなかった。また政府は一方アジアの著しい発展を期待し、東南アジア地区のエネルギー問題に着目し、当該地区の包蔵水力調査を実施した。

 しかしこの政府の措置も2010年程度のわりと近未来を思考していたこともあって、今一つ本質に迫ることが出来なかった。水力新世紀計画審議における電力委員の対応を見るに、既成の概念を甚だしく逸脱するような新しい理論は受け入れられ難い感じがする。この30年間水力開発に距離を置いて来た電力会社、中国三峡ダムの資金協力に及び腰な日本政府並びに金融機関に訴えるには、相当の理論的根拠と勇気と覚悟がいる。世界のレペル、地球のレペルから考えると将来の人口・食糧・エネルギーそれに環境問題等の論議のなかで、眠れる巨象世界の包蔵水力資源の存在を認識し行き過ぎた環境問題に冷静な対話を率直に求める時期に来ていると思い、その決心の伏線としてこの仮説「性弱説」を唱えた。 

 大きく分けて自己中心自己放棄に分けてみる。前者は更に「隠す・嘘をつく」・「守る」・「見栄」の3っに別れ、後者は世俗で言われる「赤信号みんなで渡れば怖くない」である。
  1. 自己中心
    1. 隠す ・嘘をつく
      • 佐々木秋田県知事はカラ出張の裏金造りが発覚したとき「----恥ずかしいことは隠したいと言うのが人間の本性では無いでしょうか」と新聞記者に述べている。
      •  また評論家田原総一郎は銀行と総会屋の事件について「---大蔵省から業績の悪い数字は出さないよう指導されたりして隠す体質が染みついて来た。----もめ事が起きたら信用を失う、恥だ、と思いこみ闇の勢力と関係を持って情報を封じ込めようとした」と語っている。
      •  度重なる動燃事業団の事故隠しは「----難しいことは説明しにくい、小さいトラブルを出して非難されたくないと言う感覚になり、次第に外の世界とかけ離れて来たものだと思う」と当時の副理事長が述べている。
      • M.スコット.ペック著「平気でうそをつく人たち」が爆発的に売れている。表面的には健全な家族、いい人たちに見えても自分を正当化するための無意識の嘘で固めている場合がある。最近の世相を見ても、今、嘘が大気中に充満している。今の世の中、ある程度の嘘を前提にコミユニケーションが成立していると誰しもウッスラと気づいている。  
      •  上記ベックの著書に「イメージ・外見・外向けと言った言葉が、邪悪の人たちの道徳性を理解する上で重要となる。彼らには善人たらんとする動機はないように思われるが、しかし、善人であるかのように見られることを強烈に望んでいるのである。彼らにとって「善」とは、まったくの見せかけのレベルにとどまっている。これはとりもなおさず虚偽であり、私が彼らを「虚偽の人々」と呼ぶ所以である。---我々が嘘をつくのは、正しくないと自分で気がついている何事かを隠すために他ならない。嘘をつく行為の前に、何らかの良心が基本的な形で介在するのである。---我々が邪悪になるのは自分自身にたいして隠し事をする事によってである」と述べている。
      •  教科書裁判判決 大野裁判官は個別意見のなかで、司馬遼太郎の「教科書に嘘を書く国はやがてつぶれます」と言う言葉を引用して語って居る。また千種裁判官は恥となる所行があっても、若い世代に正確に伝える事は必要 だと語る。      


       此処で見られるように、恐怖、他からの非難を怖れる恥だ先送り玉虫色と進んで行き、監査役も身内から、社外重役も形だけと言うのが多くなっている言われる。(筆者意見)
       ペック氏は精神病理学者だが、これらの現象を「ナルシズム(自己愛)的人格障害」と呼び、この原因となる人間の弱さを「邪悪」と呼んでいる。これは性悪説とは違い諸悪の根元と言うほどの意味だと思う。氏の著書には此処に述べられている殆どのキーワードや考え方が含まれていて驚くほどである。(筆者意見)
    2. 守る
      •  加藤周一が元米国防長官のベトナム戦争の誤りを告白したことについて「----個人が組織の考え方に同調出来ない時は、個人にとって2っの選択がある。
         第一は、その組織を去ること。原則として発言の自由を得るが、社会的影響力を失う。
         第二は、心ならずも組織の中にとどまること。発言の自由は極めて制限されるが、組織の力は強大であるから、組織の行動をいくらかでも自ら信ずる方向に導く事が出来ればマシであろうとする。
         この第二の選択を取った後に、いつかは職を離れ、そこで始めて個人的見解、自ら信ずる所を社会に訴えようとしているのが、元米国防長官であり、彼が心ならずもその時の高官であった事を示している。
         日本の例を見ても、如何に多くの政治家、財界の指導者、高級官僚、学者やメディヤの幹部が心ならずも妥協や策略に明け暮れ、本来の自分の本心を出さずにいることだろうか。この個人の組織からの独立がなかなか出来ないのは洋の東西を問わないのである」と言っている。
      •  小平祐(日本農薬相談役)は座右の銘の一つとして芹沢光治良の「吾、事に於いて弁解せず」をあげている。この原義は、弁解は誰かを傷つけると言う。英語で”The buck stop here”(人に責任を転嫁しない)と言う。この無責任と言う事について、土光敏夫は組織のエネルギーを破壊するものとして3っの責任回避をあげている。
               △ 自分は聞いていない
               △ そんなことを言ったか
               △ 誰かがやってくれるだろう
      • 中村徳子(乳幼児突然死症候群防止−SIDS−を訴える託児所経営者)
             牧師 「いつでも神様が見ています」 
             中村 「自分を守らず、正直に」 と誓った。
          朝日新聞の解説はつぎのように述べている。SIDSは過失でないと開き直る病院、保育院が少なくない中で死亡の事実を積極的に公表、全国の関係者に予防方法や自費で作成した資料集を送り続ける。彼女は自分の経営する託児所で4ケ月の男子を睡眠中に死亡させた。プロとして長時間の呼吸停止に気がつかなかったではすまされないと言う気持であると言う。


       梁山泊ば第一の選択であり、この選択は可成り勇気のいることでありケースは少ないと思われるが、最近の金融不祥事や高級官僚の汚辱が発生すると、必ずと言ってよいほど中堅で退社した元金融マンや元エリート役人がマスコミに登場するのを見ると可成り今様梁山泊がいるようだ。殆どの人は第二の選択をして満たされない一生を終えているのではないか。しかし心ならずもとは言いながら、ベトナム戦争や太平洋戦争を仕掛けたり、総会屋に圧力を掛けられて金融界の混乱を招く等とはまさ犯罪行為である。(筆者意見)

       朝日のある「声」欄で、特措法改正案の採決で村山前総理が、臓器移植法案の採決で橋本現総理が棄権されたのは、国民の生命財産に関わる大切な問題に正面から答えを出し、自己責任を明らかにすべき立場の人が、その必要な時に行動を起こさないのは自己保身の為だと考える、と述べている。このように逃避・リスクを避ける・事なかれ主義・トップを諫めない・卑劣・権力の顔色を伺う・凭れ会い等自己保身には様々な形態が見られる。(筆者意見)

       「自分を守らず、正直に」と言うことは、逆に言えば「自分を守って、不正直に」と言うことになる。現世を見るに中村徳子は神様のようではないか。大部分の人達が後者で、しかも「心ならずも」ではないだろうか。   (筆者意見)  
    3. 見栄
      •  みどり十字「事業を進めて行く中で、ストップを掛けることは非常に難しい。当時もっと議論がなされていれば、違った結果になったかもしれない」、更に「質問すると言うことは、相手の意見に異を唱えることになる。和を以て貴しとなすと言ったのは千年以上も前の聖徳太子で、その気風が変わらず残っている」
      •  小島祥一帝京大教授 「---公共投資の景気への波及効果が落ちて、せいぜいマイナス成長をくい止める効果しか期待出来ない。当時経済企画庁内にそんな議論があったが、公式には言わなかった。財政で需要を創出するケインズ政策に基づく楽観的なシナリオとそれに頼ってきた過去のメンツもあって、修正出来なかった」と述べている。  (改革の虚実−財政を考える)
      •  「落ちたエリート」12月4日、任意調べから逮捕に切り替わったとたんに、尊大さは消えた。肩を落として両手を膝につき、うつむいて調べに応じ始めたという。かって岡光の上司だった厚生省のOBは「普段は強がっていたが、ガンと一発やられるとおとなしくなった。一皮下には弱い人間の素顔があった」と語る。


       民間会社でもみどり十字のようにストップが掛けられない事情はあるが、少なくとも倒産と言うけじめがある。しかし護送船団方式の株式会社や打ち出の小槌の財投に支えられて巨大な累積赤字を抱えても、潰れないでズルズルと平気でいる特殊法人はどうしたものだろうか、また岡光のように肩書きが無くなるととたんに無力になると言うが、本当は無位無冠になれば、怖いものなしで強くなれる筈だが、過去の栄光を維持したいと言うメンツがあるのか。                 (筆者意見)

  2.  自己放棄  
     
     10年ほど前、或るコメディアンが「赤信号みんなで渡れば怖くない」と当時の世相を諷刺したが、現在に至るもしばしば流用されてその意味を失っていない。
    1.  M.スコット・ペック(前出)著書で「集団の力学」と言う概念を導入している。即ち「----つまり大半の人達はリーダーとなるよりむしろ追従者となることを好むと言う事実である。人に従うことは容易な事である。指導者になるよりは追従者になる方が遙かに楽なことである。複雑な決定をするに当たって苦悩したり、前もって計画を立てたり率先して物事を行ったり、不評を買う危険を犯したり、或いは勇気を奮ったりする必要がないからである。個人としては船長であり、自分の運命を決定する支配者なのだが、いったん追従者としての選択を取るとたちまち自分の支配力、つまり、自分自身に対する権威、意志決定者としての自己を放棄してしまう。こうして、一般の人達はいったん集団の一員となるや、たちまちにして情動的退行を引き起こす」と述べ、ベトナム戦争に於けるソンミ村虐殺事件を分析している。
    2.  赤信号的な事柄はいろいろあって一々例を挙げる暇がないので、次にキーワードのみを列挙する。              
        横並び・追従・没個性・甘え・終身雇用・優柔不断・見て見ぬ振り・勝ち馬に乗る・年功序列・臭い物に蓋・金持ち喧嘩せず・安易な方法・凭れあい・たすき掛け人事・勝てば官軍・騙されたふりをするなど

.結 語
LEAF.4.gif 死刑囚永山則夫は「貧困・無知が犯罪を生んだ」と言う自らの「思想」への誇大な自負を法廷で語ったと伝えられる。私はこれは自分を正当化するために自己を偽っているのだと思ったが、はたして貧困だった彼の元同級生は「則夫は自分に負けたんだと思う。みんなが貧乏だつたんだ」と彼の主張に厳しかった。確かに無学の彼が獄中で文字を覚え勉強して書いた小説が日本の文壇から文学賞を貰ったという努力家であり能力もあったのだから、普通の人と違ってそう簡単に人生の落伍者になるわけが無かった筈だ。

 上記ペックの著書でも、診療に来た患者に「あなたの性格には欠点があります。つまり、弱さです。その弱さというのは根本的なもので、これまで話し合ってきた問題は、全てこの弱さが原因となっているものです。あなたの結婚生活がうまくいかないのも、この弱さが原因となっているものです。あなたの病状も、強迫観念も強迫衝動も、この弱さが原因で起こっているものです。そしていま、この悪魔との契約もこれが原因となったものです。それに、あなたがその契約を正当化すしようとしているのも、この弱さが原因しているからです」と述べているが、永山に対しても同じ事を繰り返すに違いない。

 人間の本性は性・弱であるから、気がつかずにいると知らす知らずのうちに世間から糾弾されるような大不祥事をしでかしてしまう。また糾弾されるような事をしなくても、見識も実力もありながら見えぬ影に怯えて自ら信ずるところ、良心の赴く所をし損なってしまっては、世の中のマイナスとなるばかりでなく、自分自身の存在価値も無くなってしまうではないか。

 それではどうしたら良いか。これはそれぞれの人の心の問題だから説教めいた事は烏滸がましくて言えないが、強いて申せば高い「志をたてる」ことはどうだろうか。いつでも仕事・対人関係・読書などによって思いついたことをメモしておき、一生かかって達成するという心構えを持つ。何となれば世の中はバランス感覚も必要だから良いことでも時期を得ないと実現しない。出来るものから逐次やるが、ものによっては充分な理論武装をして断行する事も考える。私の経験では、こうして達成したものから消して行くといつの間にか殆どやり遂げてしてしまっているのに気づき我ながら驚く。蛇足ながら私のメモ帳に残ったものの一つがこのホームベージの遠未来のエネルギーに関する論文である。そのほか過去を探求する「水力史学会の創設」、現在の問題として「純揚水発電所の計画と設計施工」の出版企画がメモに残っており、旗も振り太鼓も叩いたが進まず、もはや年齢も体力も限界が来たようで誰かに引き取ってもらいたいと思っている。

 人間は本来「弱い」等と諦めず、中村徳子の「自分を守らず、正直に」という神のような心になりたいが、皆が神様になれるわけではないから色々な事件が起こる。敗北主義だが、それが世の中と言うものかもしれない。

 以上は恣意的な分類なのでダブル所もあり無理もあるが、わずか半年強の日常の報道でこの程度参考データが集まるので、続けて行きたいと考えている。特定の出典のない項目は全て朝日新聞からであり、月日もメモしてあるのでいつでも調べられるようにしてある。ご意見、ご感想などお待ちしております。

    コメンテーターはt-nansiここをクリック」(貴コメントを「その後の情報」に掲載する時、或いはその他いかなる場合も一切氏名は出しません)