主な職歴 
鈴木 篁  1923年生まれ  技術士(水力計画)     
. 浜松一中現浜松北高)、旧制第三高等学校理科甲類北海道大学工学部土木商工省電力局1947入省
通産省公益事業局水力課長(1968〜1972)
元電力系海外技術コンサルタント役員
元電力土木技術協会専務理事・副会長
現FEWS(未来エネルギー研究会)代表
戦後電力再編成(9電力発足)、公営電気復活、自家発拡大・電源開発(株)の発足に伴う水力地点の策定・選定
(社)発電水力協会の創設の産婆役
第4次包蔵水力調査実施(約3年間北陸地区で山野を駆け回り、地下足袋2足履き潰す)
多目的ダム費用負担の方法の策定・制定
水力の妥当投資額算定基準及び下流増受益の策定・制定
水資源開発公団の実施する5大水系の水資源開発基本計画策定(経企庁出向)
  (経企庁水資源局出向中の大蔵・経企庁・自治・建設・通産・農林・厚生の7人の侍が連日激論)
僻地共同自家用発電施設の一般供給切り替え計画策定・実施
水力見直し再開発計画に伴う「電力主体の総合開発」の策定・促進(馬瀬川岩屋ダム、九頭竜川長野ダム、手取川ダム、船明ダムなど)
南北を結ぶ広域利水連続多目的揚水計画(全国で数地点)の策定・調査・提案(経企庁の調査調整費)
主として南アジアの水力調査・開発技術協力業務。インドネシアのサグリン水力(70万KW)、チラタ水力など
水力百年記念大会の企画・実施及び水力技術百年史(1177頁)の刊行
関係機関の各種委員会の委員活動
現在年金生活 趣味・晴耕雨パソ (個人HP”世界の一次エネルギー”)