H−3.コメント 移民受け入れ問題について(H.10.10.16)  続々
  1. 筆者所見 A−2 (H.10.11.23)

    T. 古代の渡来人(H.10.11.23)
      1.弥生時代(BC300〜AD300年)
      2.古墳時代前期
      3.古墳時代後期
      4.飛鳥時代
      5.奈良時代
      6.奈良時代迄の渡来人の人口推定
      7.帰化の意味及び帰化人の態様       

    筆者所見 A−3
     (H.11.5.6) (今回)  NEW

    U.9世紀から現代までの動き (今回)

      1.大陸・朝鮮半島経営  (今回)
      2.中世の日本人に何が起ったか (今回)
      3.台湾問題 (今回)

      4.日本の移民送り出し
      5.華僑
      6.難民問題
      7.外国人の日本在住者の現状
      8.世界移民の歴史

    U.9世紀から現代までの動き (今回) 

      奈良時代迄は上記(T.古代の渡来人(H.10.11.23))の通り大陸からの渡来人の我が国の文明・文化に与えた貢献度は計り知れないほど大きいものであった。最近奈良の飛鳥池遺跡から発見された「富本銭」は和銅開珎(708年)に先立つ日本最初の通貨とされたが、当時は「東海の帝国」を形成するためにその象徴である貨幣鋳造を重要視し、又倭国に変わって「日本国」なる国号を周辺国に認めさせるのに苦労していた。

     だから日本の古代国家が名実共に完成した701年(大宝律令)の元旦朝賀の儀を続日本紀は次のように表現している。「文武天皇が大極殿に現れる。前庭には神獣の四神等が描かれた7本の旗が立てられ、左右に【蕃夷の使者】が並ぶ。文物の儀此処に備われり」とある。この時既に蕃夷と言う言葉を使っている。ナショナリズムの高揚が窺われる。

     平安朝に入っても桓武帝の母は高野新笠で渡来系であったし、有名な坂上田村麻呂も渡来系の末裔と言う具合で、土着化していった渡来系氏族の主首らの活躍が目立ち始める。しかし半島や大陸との交流が途絶えた時期でもあった。そして律令政府の鎖国の条件として排外的な蕃国思想が根付く。

     この頃は隣国=唐国、諸蕃=朝鮮諸国、夷狄=隼人・蝦夷と言うような区別をしていた。このような蕃国観は渡来人に対する取り扱いも関東や東北地方に居住させるようになる。820年に遠江や駿河に配属されていた新羅人が反乱を起こしたとして、差別への抗議をしたと言われる。この蕃国思想は今日まで続く。こういう訳で日本の歴史の後半の1000年間について渡来・移民の事情を調べる事とする。
     
     何故此処でこのような検討をするかと言うと、100年後の日本の人口が半減して困るなら、そのときの政府は移民の導入を大歓迎する政策を採る筈だから、何も心配する事はないと言う意見がある。それなら移民の積極的導入がどういう意味を持つのか、日本の過去の歴史を勉強してみようと言う事から始めようというのだ。

     厚生省の人口問題審議会で少子化と移民について色々な意見がある。

    @.門戸開放論

     少子化の社会では外国人労働者問題というのはどうしても考えざるをえないと思う。外国人労働者問題については、導入すべきという議論があります。労働力が足りなくなっていくのに古今東西、ローマの時代から先進国で栄えた国で外国人労働者を入れなかった例があるか。確かにない。

    A.鎖国論

      犯罪が起きているのはどうだとか、文化がどうかとか色々ありますがもうちょっと切実な問題は、社会保障のコスト負担がそうとう増えるわけです。例えば、目の前で怪我をされている、病気をしているといったら、まず助ける。 これはお医者さんの責務です。しかし、その後勘定はどうなるかといえば、これは問題がある。膨大な不払いの負債が貯まるというわけです。 日本のように医療制度が進んでいて所得の高いところは、もし開放したらターゲットになるのは目に見えてますから大変なことだ。

    B.条件付き門戸開放論

     「導入論、鎖国論とあります。 外国人労働者について私はどう考えるかというと、導入したほうがいい条件というのはずいぶんあるんですよね。ですから、導入できるならしたほうがいいと思っているんです。しかし、するなら条件があって、次の7つの権利を日本の社会が十分に外国人に対して認めるなら、していいだろうと思います。

     1.労災保険  2.医療保険  3.社会保険  4.失業保険  5.住宅で差別をされない権利  6.年金を払っても国を出たときは返してもらえる権利。  7.地方選挙権

     日本の社会というのはこの7つの権利を提供する用意があるのかといえば、正直言 えばほとんどない。ですから、そういう権利を提供する用意がなくて外人を入れて はいけない。なぜなら、入れれば必ず差別になります。差別になって大変な社会問 題になります。しかし、入れる用意があるなら、もう徹底的に入れなさいと私は思い ます。

     外国人問題ということに関しますと、本当に社会の自己改革をする覚悟があればやればいい。おそらくその覚悟がないでしょうから、そうだとしたら入れないで自分の力で生きていくのがいいのではないか。そんなふうに思います」

      ************

     即ち条件付き門戸開放論は島田慶大教授の意見で、要するに日本人は受け入れの体制が作れるのか、体質的に受け入れ難いものがあるのかと言うところに自信が無いように思える。日本の過去で奈良時代までの1000年間はは大変スムースに理想的な形で大陸から大量の人々が渡来して融和してきた。平安時代以降の1000年間はどうであったろうか、極めて興味がある。

     武家政治の鎌倉時代から日本の中世が始まるが、この1192年から約800年後の現在に到るまでに約700万人の人口が1億2500万人に増えてしまった事になる。奈良時代末の人口650万人の約70%が半島や大陸からの渡来人の血が混じっていると言われるが、平安時代以降の人間の移動は寧ろ鎖国的で大量の異民族の移入はなかった。

     この間国体存続に拘わる重大事件は3回あった。元寇の難が第一であり、これは台風と言う神風により難を免れた。第二は徳川末期の黒船で危うく米・英・仏の代理戦争になり国が分断される所を天皇制復帰により国論を藤一し、植民地化を避けて国を守った。第三は第二次世界大戦の大敗北による国土喪失を米国の単一占領に寄って国体を護持する事が出来た。

      以下人間の移動に注目して、項目別に縦断的に勉強してみる。

     1.大陸・朝鮮半島経営  (今回)
     2.中世の日本人に何が起ったか  (今回)
     3.台湾問題 (今回)

     4.日本の移民送り出し
     5.華僑
     6.難民問題
     7.外国人の日本在住者の現状
     8.世界移民の歴史
     
       

    1. 大陸・朝鮮半島経営

      朝鮮半島(今回) 

       【1】.高麗王朝 

       新羅が半島を統一したが、やがて内紛で弱体化すると後百済(892)、後高句麗(901)が興る。後高句麗が高麗(918)となって強大になると新羅は和睦し(935)、高麗は勢いを得て後百済を滅ぼし、半島を統一して高麗王朝(936)を樹立し、中国大陸の元と対立する。しかし30年に亘たる侵略に屈し元の属国となる。

       元は高麗を押さえて、いよいよアジアで支配していない最後の国日本を攻めることになる。1274年に3万余の大軍を、1281年には14万の大軍を持って二回に亘って攻撃を仕掛けた。勿論高麗の優れた水軍を利用する訳だが、軍船の築造に手間が掛かり時期を逸し、台風に遭って元の日本上陸が出来なかった。高麗は元を心よく思っていなかったので一種のサボタージュしたのであって、これによって日本は侵略される事を免れたのだと言う。

       【2】.朝鮮王朝 

       元が滅び明が興(1365)ると、高麗は明と協力して国内政治の建て直しに着手するが、倭寇征伐で頭角を表はした李成桂将軍は高麗に変わって朝鮮王朝(1393)建て初代王位に即位する。

       「朝鮮はおろか明・天竺まで攻め入るとは世界を知らない井の中の蛙ょ」と利休に揶揄された豊臣秀吉は利休に切腹を命じたが、その秀吉は1592年と1597年の二回に亘ってそれぞれ6万、14万の大軍を持って朝鮮を攻めたが、敵の名将李舜臣に惨敗した。豊臣の軍勢が撤退するときに大勢の陶工や工芸の匠が日本に連れ去られたという。

       この時の日本に拉致された一部に沈性の約70名の男女が鹿児島に漂着して甲突川の上流美山に落ち着き帰化した。代々「沈寿官」を名乗り、優れた陶器を作成して島津家の財政に貢献し、その一家から日本帝国最後の外務次官東郷茂徳が出ている。このくだりは司馬遼太郎の「故郷忘じがたく候」に詳しい。

       明に代わって清が建国(1636)すると、意に服さない朝鮮王朝を攻め、朝鮮王朝は降伏して清に服属する事になる。諸外国からの干渉が多く、1866年フランス艦隊、1871年アメリカ艦隊の侵入・攻撃があり、いずれも朝鮮に対する開国強要であった。

       実は日本はこの時期1868年王政復古を宣言し、明治維新政府が樹立されていた。遅れじとばかり、富国強兵の線に沿いながら条約改正事業に向かう他、アジア近隣諸国に対する国権外交へ走った。特に朝鮮に対しては、当初から明らかに侵略の志向があつた。

       実はその前の江戸時代は、信義を通ずると言う意味で徳川将軍が新しく位を嗣ぐときに朝鮮の李王家から通信使(祝賀使節)が来日する程度であったが、日本の新政府が成立して、朝鮮と国交再会申し入れの国書を出したところ、書式が違うと言って受け取りを断った事から「征韓論」(1870年〜1873年)に広がった。ただし後に尾を引くがこれは政府部内の権力闘争に利用されただけに終わった。

       この征韓論を巡って政府内にゴタゴタがあり、先ずは1871年対等平等な日清修好条規を締結し、ロシア南下の脅威に対し日朝間の関係を有利に導くためのアメリカ等と外交的画策が行われていた。こんな時に台湾で事件が起きた。1871年11月30日琉球人が遭難して台湾南部に漂着し54名中54名が虐殺された。台湾事件である。(この件後述)

       少し無謀であったが、新政府になって最初の海外出兵となった。国際法上問題はあったが日清交渉は難航を重ねた上漸く1874年互換条款がまとまつた。50万両と引き替えに台湾占領地を放棄する、遭難琉球人は日本人と解釈できる内容になった。これは琉球を華夷秩序から脱落させ、日本の統治下にする根拠となった。

       アジア的風土からして、清国と隷属関係にある朝鮮を無理矢理開国させて、独立国として条約を結ぼうと言う日本の外交方針には無理があり、これが日・韓・清国間に隙間を生じさせ、清国と対立し、台湾事件も関係して日清戦争が起こるに到った。他の外国は朝鮮の清国への隷属関係を認めており、日本とは違っていた。

       事大派(保守派)と独立派(開化派)が有り、日本は開化派の金玉均と組んで1884年甲申政変(クーデター)を起こすが失敗、政権から閔妃一族を追放した開化派の金玉均は日本に亡命した。後に日本は亡命者を認めていたとして孫文ゃ金玉均等を挙げているが、この時の金玉均ば日本へ逃げ帰った竹添公使により彼の同船を拒否された、クーデターの首謀者との連携を恐れたのである。金玉均が乗船できたのは船長の義侠によるものであった。日本での政府の態度は冷たく約10年の幽閉の後、上海で暗殺されている。

       1894年政府の失政に怒って農民が蜂起し(甲午戦争)、同年6月朝鮮政府は鎮圧のため清国に出兵を要請する。1885年に締結されていた天津条約によって日本も直ちに同時出兵をする。約10日後事件は落着し、日清両国は駐兵の理由を失ったが、日本は言を左右にして居座る。更に内政改革案を示し回答を迫る。回答を渋ると見るや、あらかじめ計画された筋書きとうりに、王宮の景福宮を占拠すると言う暴挙をなす。

       日本は朝鮮政府から清国軍駆逐の委任を引き出し、開戦の狼煙をあげる。同年8月1日宣戦布告。日本の名文は「朝鮮の独立自主の扶助」であった。しかし実際は朝鮮から清国の影響を排除する事であり、又日本の植民地化を狙っていた事は明白であった。

       この日本軍の侵略行為に憤慨した農民は再び立つが鎮圧され、その彼らの怨念は1898〜99年に起きた全羅道の英学党運動、1900〜1905年忠清道等で起きたの活貧党運動とつながる。

       朝鮮領土内で起きた日清の戦いは、鴨緑江を超えて清国領に踏み込み遼東半島に及ぶ、北洋艦隊もうち破って、世界の予想に反して日本の大勝に終わる。

       日清講和条約締結後、日本は朝鮮に親日内閣を作らせるが、三国干渉を受けて、この構想は崩れ、この日本の動きに憤激した反日派の閔妃は国内から日本を追い出すために親露政策を強く推し進め、開化派を抑制し、日本は打つ手がなかった。そこで前任者井上馨に変わった公使三浦梧楼は1895年8月20日、日本の大陸浪人と景福宮の閔妃の寝所に踏み込んで惨殺した(乙未事変)。世界でもまれな蛮行であった。

      【3】.大韓帝国  

       国母閔妃惨殺に憤激して反日義兵が各地に起こり、又独立協会ナショナリズム運動が成長したが、ロシア公使舘に播遷していた国王が戻り、国号を大韓帝国と改め、1897年10月皇帝即位式を挙行し、大韓帝国が500年の歴史をふんだ専制君主国家であることを世界に宣言した。

       日本は言を左右にして強硬に居座り軍隊を増強する一方、ロシアも着々と満州を南下して朝鮮支配の意図を覗かせる。独立を宣言した大韓国帝国は中立化構想を打ち出す。これに各国は色々な対応策を持つがいずれも、ロシアの朝鮮侵略、清国の朝鮮独占支配抑止し、牽制するものに過ぎなかった。

       韓国保護国化を狙う日本と、満州を南下して朝鮮支配を窺うロシアと対立することになり、妥協案の満韓交換案も失敗するに及んで、1904年2月10日日露で戦端が開始されるのは必然の勢いであつた。韓国の局外中立はひとたまりもなく蹂躙された。

       1905年3月1日、日本軍25万、ロシア32万の奉天決戦で、日本軍は「惨憺たる勝利」を得る。

       日露戦争は、日本の侵略主義を隠蔽する為に、ロシアを侵略者に仕立て、日本は韓国の独立と領土保全のために戦うとして、戦争目的を正当化してきたが、戦勝後は本来の韓国保護国化の方針に基づいて、1905年8 月12日、日英同盟の改訂をすすめ、英国のインド支配承認を引き替えに日本の韓国支配を英国に承認させた。当然韓国内から激怒の声が挙がったが無視された。

       1905年9月5日に日露講和条約が結ばれたが、第二条に日本の韓国支配が明記された。又アメリカもフィリピン統治と引き替えに日本の韓国保護権設定を相互に認め合う事になる。

      【4】.韓国併合

       韓国保護国化についてロシア、イギリス、アメリカの同意を得た日本政府は韓国皇帝に恫喝とも威嚇とも言える手段で保護条約承認を強要し、1905年11月17日第二次日韓協約が調印された。後日強要による諸協定はは無効であり、それに伴う併合も無効と言う法律論争が起きている程である。

       調印反対の義兵が各地に興り、騒然となるが武力で鎮圧し、1906年2月1日総監府が設置され植民地権力が成立する。

       諸情勢不穏のなか、韓国皇帝が国権横奪の不法を密かにハーグに訴えたのを聞いた日本政府は態度を硬化し、1907年7月20日皇帝の退位を求め、反対する要人をことごとく逮捕、沈黙させる暴挙に出た。

       調印に反対する義兵達は、日本政府による国軍解散命令を機に全国で一斉に蜂起し、1907年〜1910年迄の間に日本軍と衝突した回数は実に2819回、衝突義兵数141、603人、死者17,688人に達した。弾圧された義兵は地下に潜り、その怨念は後の1919年の3.1運動につながる。

       ハーグ密使事件を契機として、日本本国政府は保護国化を主張する伊藤博文統監を失脚させ、1909年4月韓国併合計画が進められる。この計画の中の一つに「日本人の植民」がある。国家廃絶・領土編入でありながら刺激的でない言葉として、「合併」でもなく「併呑」でもない【併合】を使ったと言う。

       1910年5月寺内統監が着任し、1910年8月22日韓国併合条約が締結された。この併合の形が「強制」であるか「任意」であるか歴史認識で問題となる所である。

       上記に述べたとおり、ハーグ密使事件で伊藤は皇帝を威嚇したが、皇帝はその挑発に乗らないので、武力による「強制的併合」は出来ず、又日本が保護国関係にある韓国を「強制的併合」すれば国際的非難を受けるので、韓国皇帝が統治権を譲渡し、天皇がこれを受託するという、合意を装った奇妙な「任意的併合」で、黒を白と言いくるめたのである。

       此処で歴史認識の歯車が狂ってしまつた。当時日本の一流のマスコミ、歴史学者、左右の政治家総てがこの併合を美化し、民族的な矛盾を観念的に否定する同化主義植民地政策を容認し、支配と収奪を朝鮮に対する日本の恩恵に置き換えてしまったのである。

      【5】.戦後2分割国家

       終戦時、日本列島在住の半島からの人々は約200万人と推定され、GHQ及び日本政府は速やかに朝鮮半島へ送還する方針を取ったが、約60万人が日本に留まった。彼らの中には植民地時代に日本人であった時に生活基盤を築いていたり、南北に分断されて祖国へ帰れなくなった人達であつた。これが「在日」即ち第三国人として外国人扱いを受けることになってしまったのである。

       そしてこれに対し日本政府は外国人登録法の例外として特にこの「在日」であれば、長期居住出来るように定めた。色々差別を受けながらも1959年から国民健康保険、1982から国民年金が認められたが大変な努力と時間を要した。
       
       最近北朝鮮在住日本人妻の一時帰国の問題が報道されているが、これは戦前朝鮮の男性と結婚した日本人女性が半島で暮らしていたところ敗戦で国籍を剥奪されてしまった者である。

       帰化すれば良いのだが「在日」のままでは住居差別、職業差別、教育差別があつて生活して行くには様々な人権的障害があるのが事実だ。異民族と共存する時に克服しなければならない問題が多い。

       有名な孫正義氏は「自分は現在日本国籍を持っているが、近未来の地球は多国籍の時代になるので、免許証を取るように国籍も変更出来るし、国籍は便宜上のものになろう。ただどのように名乗るかは自由であるので、私は朝鮮の名にした」と述べている。氏のように超能力の人は良いが、一般には人種的な差別を無くすよう制度的にはっきりしたものが必要ではないかと思う。

       「在日」は永住は認められているが、日本では帰化手続きをしない限り何世代を経ても外国人扱いで、それは又日本の排他的社会故に、彼らをエスニック・グループ(民族的集団化)へ追いやる事になる。そしてこのエスニック・グループを批判して自己を正当化するのでは日本の社会の発展は望めない。

       「在日」はそれ自体が問題ではなく、広く世界が抱える問題一般とつながるもので、日本にとってこれらのグローバル化に大変貴重な経験を持ったし、又今後更に良い関係を見つけて行く課題を背負う。問題を抱えさせられる側に立つ人が、問題を抱える人達を理解する努力が必要なのである。 


       

    2. 中世の日本人に何が起ったか (今回) 

       網野善彦氏は「日本中世の民衆像」で極めてユニークな説を述べている。即ち

       日本の中世は常識的に平安時代末から戦国時代までを言うが、南北朝内乱を境にして大きく前期と後期に分けられるとしている。

       と言うのは色々な記録から南北朝内乱前には唐人集団と言うのがあって、渡来の品物を「唐物」と呼んで交易売買してかなりの宋人つまり唐人が国内に多数住んでおり、又宋からくる貿易船もあったのでかなりの人の往来がおつたものと思われる。職種も禅宗の僧侶のみならず鋳物師・石工・焼き物などの各種職人等かなり多様で、国内各地を交易しながらその技術を普及していたものと想像される。

       更に免田・給田を与えられた宋人がかなり沢山居たらしく、そういう人達の中でトラブルがあった時公的機関に強訴したと言う様な事件もあったようだ。と言うことは「異民族」と言えども、天皇から諸国住反の特権を補償されて、基本的には職人身分として取り扱われて居たのではないか。

       しかしこういう社会風潮にも転換が来る。東から西へ、西から東へ大規模な軍勢の移動、それに伴う人間の移住を呼び起こしたモンゴルの来襲、南北朝の動乱がその転換を加速した。即ち南北朝の動乱の後、文字かより深く社会に浸透する、都市が成立してくる、呪詛性が次第に消えてゆく、感性に変わり理性が優位になる。その反面私有が本格的に社会の内部に浸透する。と同時に「差別の固定化」が進んでくる。以前の日本列島にいくつもの民族が住んでいて、まだ一個の民族体としての十分なまとまりを持つに到らない時代と較べて、「より一層緊密な民族体」が日本に形成されてくる。

       そして近世以降現代に到る私どもの風俗習慣などの根元は中世後期にある事は幾つか検証出来て理解出来るが、中世前期即ち南北朝以前の民衆の考え方や生き方は理解し難いとも述べている。確かに人口の70%も渡来人の影響を受けながら、何の苦もなく社会を形成したのは今の私どもには理解しにくい。

       以上が網野氏の説だが、元寇によって国防に関心を持ち始め、ヨーロッパ人の過去の植民地政策の歴史に恐怖の念を抱き、貿易は歓迎するが異教徒は排除するようになるが、鎖国的、蕃国視の性行はこの頃に起因したのかと思う。だが現代になると狂気のように海外に進出して行くのはその反動なのだろうか。

       しかし網野氏は最後に、「のほほんと日本人は昔から一民族で、水稲耕作をみんなで一生懸命やってきました、などという所に安住して、すましかえって居るわけにはいきません」と延べている。

    3. 台湾問題(今回) 

       台湾の名称は先住民が外来人のことを「タイアン」と呼んだのが始まりと言う説がある。1544年大航海中たまたま台湾を発見したポルトガル人が「イラ・フォルモサ」と叫んだ。「Formosa」というのはポルトガル語の麗しい島と言う意味である。

       隋・唐の時代に澎湖列島に中国人が移住し、元・宋の時代に福建省に属せしめた。

       日本人が最初に台湾に係わったのは1593年11月(ポルトガルが種子島に漂着50年後)に原田孫四郎がルソン島に行く途中間違えて台湾に到着している。その後1628年オランダが築いた台南の城を攻めるという「浜田弥兵衛事件」が起きている。これはオランダの東インド会社と徳川幕府との確執が原因であった。
        
       1621年オランダが台湾南部を占領し38年間支配していた。1623年スペインが台湾北部の基隆を占領したがオランダに追い出された。オランダの過酷な徴税にに反抗して組織的に立ち上がったのは「国性爺合戦」に登場する、日本人を母に持つ鄭成功である。鄭はオランダを駆逐し、「反清復明」をスローガンに台湾を1600年代後半の23年余を支配した。その後1683年清朝はその統治権を奪い212年間に亘って台湾を領有する事になる。しかし政策の基本は台湾を「化外の地」とし、粗雑に扱っていた。

       日本との関わりは、江戸時代「タアカウ社」のあった高雄あたりを往来していた日本人がタカサゴ=高砂の字を当てて呼んだと伝えられている程度であつたが、明治以来関わりを深くする事になる。

       【琉球民遭難】

       1871年(明治4)11月30日、69人の琉球民が遭難して台湾南端に漂着し、54人が先住民(牡丹社生蕃)に虐殺される事件が起きた。そこで血気にはやる明治政府の一部に台湾出兵論が出た。

       しかし琉球は独立国として中国への朝貢国であり、又一方では形式的に日本にも隷属していた状況でおったから、ここで安易に出兵すれば国際的な問題になる怖れがあつた。即ち明治政府による一方的な琉球藩設置後も、琉球の日清への両属状態を解消していなかったのである。

       従って、軍事力行使は如何にも難しく、虐殺事件究明のため、日清修好条規批准交換を名目として副島特命全権大使を清国に派遣して交渉に当たらせる事としたが、明治政府としては交渉の限度を台湾領有要求までは踏み込まない線に留める事とした。

       この交渉にあたり、琉球民遭難事件に対する清国側の見解を訊ねたところ、「台湾原住民に殺害されたのは、朝貢国の琉球国民だから、日本国民が被害を受けたとは思われない。台湾先住民は清国政府の管理の及ばない【化外】だから責任は負えない」と木で鼻をくくった様に応える始末であった。

       しかし日本側は此処で2っの重要な言質を取った。これが台湾問題の次の取りかかりの原点となった。

       イ.清国政府から台湾は化外の地(統治が及んでいない)との発言を引き出した、即ちそうであれば日本政府が台湾先住民地域に手をつけても清国は文句を言わない筈。ただしし国際的には問題あり。

       ロ.清国政府から朝鮮国の「和戦権利」に関与しないとの言質を得た、即ち清国は日朝外交において、朝鮮国の自主性を認めて、宗主国として干渉しない。

       【台湾問題の再燃】

       ところが1873年3月8日今度は本当の日本人の小田県民4名が遭難、台湾南部に漂着したところ、先住民から船と積み荷を掠奪されたが、かろうじて救出されるという事件が起こった。

       この1873年と言うのは明治6年で西郷の征韓論でもめている時期であった。江戸時代の通信使(信義を通ずると言う意味であつた)にならい、国交再開を申し入れたが、朝鮮現地当局者が書式が違うと言って受け取りを拒否したことからけしからんと言うことになった。(前述)

       しかし西郷の実際の腹は、当時ロシアが日本・ロシア両国民雑居の地とされていた樺太を盛んにあらし始め、この強大なロシアがもし朝鮮に入り込めば日本の安全に重大な危険を及ぼす事を恐れ、そのためには朝鮮との国交正常化を急ぐ必要ありと考えていたのであった。

       しかし、岩倉−大久保ラインの謀略で、西郷も嫌気がさして辞表願いをたたきつけて薩摩に帰ってしまう。本もと征韓論は大久保の政争の具であったのである。明治6年の政変と呼ばれるものである。

       丁度この時期に小田県民の遭難が起きたのである。新たに力を得た岩倉−大久保ラインの政府は、「台湾蕃地処分要略」を閣議決定した。この第1条は討蕃であり、明治政府の海外への武力行使方針の最初である。外交的手段よりも軍事優先を取ったのである。清国と戦争する意図はなく、出兵の表面的理由は「討蕃・撫民」だが、実際は「台湾の一部を日本に併す」ことであった。

       各国外交団も問題視したが、1874年(M.7.5)政府は兵3000余名という遠征軍を送った。作家司馬遼太郎は国民にも知らせず夜盗のようにこっそり出て行くとは....近代国家としてあり得ざる事と断じている。

       毛利敏彦氏「台湾出兵」によると、台湾出兵とは明治6年政変の誤算に危機感を抱いた大久保利通が、自らの保身の為に西郷従道や大熊重信とくんで、台湾先住民地域を獲得しようと強引に推進したした暴挙(官製倭寇!)だったと言うべきだろう、と述べている。

      【遠征始末記】

       熟蕃に対して撫民をすすめ生蕃を孤立化させ投降にに導く方法を採っていたが、残った生蕃は山地に出没してゲリラ活動して遠征軍を悩ませていた。生蕃の本拠地南部の「牡丹社」を総攻撃して、一応その抵抗は終息した。

       そこで遠征軍の西郷都督は、当初から考えていた蕃地での移民拓殖事業を進めるべく実効を建言した。しかし気候風土に慣れず、死者・病人が続出し、遠征軍は半身不随の状態であった。拓殖どころか如何に名誉ある撤退をするかに腐心する事となる。

       当然清国は日清修好条規(1871)違反だから速やかに撤退しろと迫り、1万人の軍隊を台湾に派遣したが、両軍とも戦意なく、事態は進展しなかった。各国とも日本は万国公法違反と非難した。

       清国派遣の全権弁理大臣に任命された大久保利通は7回にわたる外交交渉も決裂、離清する声明を出したが、駐清イギリス公使ウェードが仲介役となりようやく交渉が妥結した。即ち日本は50万両と引き替えに台湾占領を放棄し、この厄介な問題にけりをつけることが出来たのである。
       
      【台湾事件の歴史的意味】

       色々な立場の人が色々な論評しているので、それを読むと我々の知らなかった一面が浮き彫りになってくる。

      バークス; 「侵略された清国が賞金を支払うのは予想していなかつた。好運が日本に舞い降りたが、日本はそれを受ける資格がない。海の向こうの老大国のほうが正しいというのに、この若造の國に屈服するとは。戦争が無くてよかったが、びた一文貰わなくても日本は平和を喜んだであろう。貰う権利が無いことは日本人がよく承知している」

      「申報」(上海の新聞); 「我が国が先に自らの手で(生蕃)征伐を行うことを承知しなかったために、日本に軍隊を出動させる結果になったのだが、本来これは失敗であった。−−−わずか50万両で戦乱を回避し、我が国が台湾に対して統治の責任を有している事を明らかにし、今後は外国の妄挙を防ぐ事が出来るので素晴らしいことだ。日本が今回の戦役で浪費した300〜400万銀は、今後このような愚行を繰り返さない堅い戒めとするがよい」

       注、50万両は日本貨幣で77万円に相当、遠征費用は合計で771万円余であった。

      岩倉; 「征蕃の事、臣の主唱に係わる、いったん功を奏すると言えども、得るところ失うところを補うに足らず、臣の罪万々逃るる所無きを知る。まさに別に罪を乞うものあらんとす」

      恭親王(日清会談の総署大臣); 「日本の台湾出兵は日清友好条規に違反した不法な軍事行為(背盟興師)て゜、にもかかわらず我が備えの不足の為に阻止どころか、みすみす償金を出さねばならないところ間で追い込まれた」

      李鴻章; 「日本は200余年もの長期に渡って我が国との条約関係が無かったにも係わらず、一兵もわが領域を犯したことはなかつたのに、今始めて条約(日清友好条規)を結んだところ、忽ち我が国に軍事行動を仕掛けてきたが、これは許せない不信行為であるし、余は皇帝並びに人民に対して全く面目がたたない」と延べ、更に 「欧米列強は強大だと言つてもなお7万里以上の遠くだが、日本は戸口の所に居て、我々の虚実を窺っている。誠に中国永遠の大患である」

       注、李鴻章は日本を仮想敵国と見なして、北洋艦隊の強化に力を注いだ。日清戦争の種は巻かれたのである。

      【華夷秩序の崩壊】

       中国には歴史的に中華思想と言うものがあって、周辺の諸国が中国皇帝を慕って朝貢し、皇帝はそれらに勲位を与えて册封する。そうすることによって華夷秩序を編成し、皇帝の権威を維持していたのである。

       元朝の時代に日本が朝貢しなかったので、怒れに触れ2度に亘る侵攻ががあつた。明治の近代国家になって先ず朝貢国であった琉球王朝を台湾事件をキッカケに有無を言わせず日本の支配下(1879、M12)に置き、また朝鮮もロシアの魔手を振り払う為に反植民地化してしまった。その手法も巾着切りやコソ泥的で、4000年の歴史を持つ中国には計り知れない屈辱感を与えた。日本人は無神経で、それほどに感じていなかった。

       世界列強の植民地政策に遅れを取った日本が最初に海外派兵をしたのが台湾事件であり、以降はなりふり構わず満州まで手を出すのである。中国永遠の大患と心配した李鴻章の言葉はは事実となつたのである。戦後アジアの諸国から日本の歴史認識を問われているのはこの様な事である。

      【植民地台湾の51年】

       日清戦争の講和条約で、清国は台湾を日本に割譲する事になったが、台湾の中国人は、日本への割譲に反対し、独立の共和国を建設して台湾民主国と号していた。従って植民地化は、条約上の型式が先行し、植民地支配の実体は武力征服によって作り上げられた。

       これは台湾征服戦争と呼ぶにふさわしい軍事行動で、日清戦争と同じ程度の多くの犠牲者を出している。即ち日本軍によって殺害された中国人は軍・民併せて

      第一期 1895〜1896年 17000人    (台湾占領の為の征服戦争)
      第二期 1896〜1903年 12000人以上 (平野部の農業中国人ゲリラ抵抗を鎮圧する植民地戦争)
      第三期 1903〜1914年 犠牲者数不明  (山地先住民の制圧)

       第三期とは、山地先住民(生蕃)には手がつけられていなかったところ、たまたま優れた品質の天然樟脳が産出され、それを求めて山地に入ることから、山地先住民の生活領域を侵す事になる。天然樟脳を採取するために、山地先住民を奥地の高地に追いやり、封じ込め、塩を絶ち死に追い込むと言う残酷な戦略を取った。

       霧社事件と言うのがこの後に起こった。1930年蕃地では最も開化していたと思われていた台中の霧社で高砂族1237名中約300名の壮丁が突如蜂起して日本人の警官、在住日本人227名の内134名を殺害した。直ちに鎮圧されたが日本の軍人・警官の犠牲は57名、高砂族はやく半分の644名が死亡した。更にその後日本の警察当局は復習のため生き残り高砂族263名を殺害すると言う大事件が起きた。

       この原因は、台湾総督府が南投〜花蓮港間の山地横断道路の建設に山地先住民族り労働力を徴発し、その取り扱いがあまりにも過酷であり、又低賃金であった事が甚だしい憎悪を買ったのである。 

       この様な経緯をへて、支那事変、太平洋戦争に進むわけだが、台湾の人達も兵士に動員されることになる。記録は不確かだが、台湾における兵籍編入は38680名で戦没者は30304名と言う。戦後日本の国籍を失ったため、日本政府から何らの補償も援護も受けることが出来なかった。1987年議員立法で戦没者遺族に一人につき200万円が支給されたが、恩給や遺族年金を受ける日本人兵士や戦没遺族との差別はあまりにも歴然としている。

          目次に戻る          ホームページの表紙へ