C-22.(08.10.22)橋下知事、「園児の涙利用」に怒る!

 この話は、橋下大阪府知事が、今年の10月17日、道路建設のため幼稚園の畑を強制収容したときに、園長が園児の涙を利用して阻止したことに怒ったものである。

 この記事は、 渡部亮次郎氏の「頂門の一針」というプログに、前田 正晶氏が事件の内容と新聞報道のあり方に対する個人の意見を含めて投稿したものをそのまま引用したもので、現代の自然環境に対する風潮に大変示唆に富むと思
われここに紹介する事にした。

 
 以下引用始め

 大阪府の橋下徹知事は17日、第2京阪道路の用地買収に応じなかった門真市の北巣本保育園の畑を行政代執行で強制収用したことについて、「政治的な主張や反対の理由はあると思うが、園の所有者は園児たちの涙を利用して阻止しようとした。一番卑劣な行為だ」と厳しく批判した。

 同保育園では今月末にイモ掘りを予定しており、園児たちが育ててきたサツマイモなどが16日の行政代執行で引き抜かれた。

 橋下知事は「4月から任意交渉はしている。最大の権力行為なので慎重にやった。最後のイベントをやったら立ち退きます、という話があれば応じた」と説明。「もしあれを認めたら、これから公の工事は家庭菜園かイベントで全部阻止になるのか。工事費や損害などを府民が持つならいいが、府民の声はそうではないと判断した」と語った。
 

 一方、同保育園の松本剛一理事は「代執行の反対運動に園が園児を動員した事実は一切ないし、むしろ子どもにはショックを与えたくないので、畑がなくなると知らせることも避けてきた。子どもの涙を利用したと取られるのは心外だ」と話している。

 16
日の行政代執行では、祖母に連れられて通園途中に畑に立ち寄った園児が1人いたが、5分ほどいただけで祖母がすぐに保育園に送ったという。 Asahi Com 200810171157

 これから先の記事は、前田氏の新聞報道に関する持論である。
 
 
<私はマスコミが何かと言えば「真実は1つ」と言い募ることを批判してきた。 私の持論は「出来事が1つであって、その出来事を見る時の立ち位置、角度、視野の広さか狭さ、先入観の有無で、同じ出来事でも全く異なった報道ができる」というものである。すなわち、彼らは恣意的に1つの出来事を報道しているに過ぎないことが多いのである。 

 その典型的な悪い例に、16日の門真市の保育園の芋畑に対する行政代執行がある。テレビ報道で見せられた限りでは、阻止しようと泣き叫ぶ園児たちとその親たちを押しのけて、悪代官とその手下が畑を無惨に押しつぶしていることになっていた。これでは保育園が善で大阪府が悪という図式である。 

 しかも園長の涙の記者会見まで映し出していた。その後に漸く橋下知事の「今年の4月から交渉してきたことで、2週間前に芋掘りをやってくれていれば良かっただけのこと」という行政側の声明を聞かせていた。 

 これは「どの位置に立ってみるかで、出来事が変わってしまう」という典型的な悪い例である。マスコミは保育園側の立場に立って、話を劇的に盛り上げようとしたのだろう。だが、彼らが当事者の何れか一方の側に立って、先入観を持って取材すべきではない。彼らは飽くまでも中間に立って、ことの善悪・正邪の判定は視聴者や読者の判断に委ねるべきだと思う。私はこの件に関するマスコミ、それもテレビの大衆迎合的な姿勢は良くないと断定する。

 
 以上引用終わり

 この文面の真意は、前田氏の所見に尽きるので、ここで取り立てて意見を述べるまでもないが、何が一番大切なことなのか、判らないまま世の中が動いて居る感じだ。横車は何時までも横車だ。最後は大義が決める。しかしそんなにうまく行かないのがこの世の中なのである。私はかつて「もんだ族」と言う勢力が存在する事を唱えたことがある。理屈をこねて、難しいことを結うが、世の中はそんなに甘くない、「そう言うもんだ」と軽くあしらわれてしまうのである。前田氏によれは、社会の木鐸と言われる誇り高きマスコミすら大衆迎合なのである。

 民と民の間では情が支配的であつてもいい。しかし公と公、公と民の間では、情の上に「凜としたもの」がなくてはならない。最近の日本ばかりでなく、世界各国の中でも、或いは国際間の外交でも、余りにもひどい「お上」が多すぎる。利潤優先の資本主義の崩壊、アメリカの崩壊による多極化という新しい倫理に基づく世界が再生されることが予感される。

 私の最近の気に掛かる最大の問題は、熊本県球磨川の荒瀬ダム撤去問題である。地球温暖化問題が世界的な課題になっている最中に、クリーンなしかも国産の循環エネルギーである既設水力が「毛虫」のように嫌われ、住民の生命と財産を守る物ではないとして、充分な審議もなく「撤去」の命令を下した「お上」の神経を疑う。

 地元は清流が欲しい、天然鮎を取り返したいと熱願するが、誰でもそうなればよいがと思う。私もそう思う。これは上記の「園児の涙利用」そのものである。しかし水資源も我々の生活に無くてはならない天が与えた物だ。火星や月を見れば有難味がわかる。熊本に無ければ余所から持ってこなければならない。まして化石燃料涸渇が避けられない事情にある時代に直面して天与の自然エネルギーの活用しか手段がないのだ。

 地元の人たちは、荒瀬ダムの撤去は世界に誇る処置だと宣伝するつもりだと言うが、世界の包蔵水力の内既設は2割弱に過ぎず、未だこれから8割の残存水力開発を進めようとしている情勢に全く逆行する物である。しかも荒瀬ダム撤去の本当の動機は、松尾教授のHPによれば、民主党系の知事候補を落とすために、川辺川推進の代わりに荒瀬ダムを撤去すると言う政争の具であつたと言う。  注.「荒瀬ダム撤去を問う」参照

    表紙      目次      backnumber2