B.経済性  総目次に戻る               ホームページ表紙へ
B.経済性
B-1.過去の基準で将来の事を議論するのは如何に?    97.12.23 B-2. 割引率がプラスである限りあわてることはない   97.12.23
B-3.現実ばなれした議論だ。                   97.12.23 B-4. 160年を採用した理由は?                98.1.8
B-5. 償却後の便益は誰の所有か?              98.1.8 B-6. 複利計算は大体普通50年位かと思う。        98.1.8
B-7.運転経費だけでコストを出すのはどうか。        98.1.8 B-8. 水・火の仮定に違いがあると説得力が無くなる。   98.1.8
B-9. 前提条件に不測要因や政策要素が入っている。    98.1.8 B-10.既設分はSunk costとして無視する方法はどうか。 98.1.8
B-11.割引率現在価値は世代間にまたがるときは疑問   98.3.23 B-12.償却後の水力にかける 賦課金は投資意欲を削ぐ?99.5.22
B-13.「自然の恩恵に還元」を民間(水力)に期待するのは疑問 99.6.1  B-14.水力の儲けは誰の物か 99.6.23   
B-15.石黒正康著「電力自由化」を読んで  99.6.30 B-16.経済性問い合わせ2題 99.10.1   
B-16.A−2.(閑話休題−戦争論・原子力政策の転換) 99.11.10.17