A-77 地球破局論を超えて  10.06.16

1.はじめに

 約150年前の地球の全人口が13億人で、現在は中国1国で13億人、地球全体で65億人になっている。また全人口の44%が手づかみで食事をしている。石油は生産のピークを迎え、後は減る一方という。とうとう1972年には「成長の限界」が世界のベストセラーになると言う有様である。そして地球温暖化が世界的な地球破局に追い打ちをかけている。

我が国の事情はと言うと人口は先進国並みに減少の兆しがあるが、食料自給率は40%、エネルギーの自給率は原子力を含んでも17%しかないと言う。

とにかく先のことが不透明で閉塞感に苛まれていたが、10.06.04の朝日・天声人語の記事によると、宇宙に目を向ければ、この銀河系だけで、太陽のような恒星が2千億はあり、そうした銀河が宇宙に1千億もあるそうだ。未来永劫・永久・無窮など無限感はここに極まるが、確率から言うてもかなりの数の有人の恒星があるだろうと想像される。それなのに誕生64億年を迎えた地球の破局論などが深刻に議論され、あきれ果てている時に、腰が抜けるような驚くべき著作を見つけて購入したのでここに紹介して、諸兄のご意見を伺いたいものです。

 「有限な地球で−持続的発展は本当に可能か」−地球破局論を超えて

    岩淵 孝 新日本出版社  10.03.20初版

2.「地球破局論」から「持続可能な発展論」へ

 地球破局論の源流はマルサスの人口論であることは明らかであるが、実際に激しい人口増や、一人あたりの生活レベルの向上で共倒れになるのは必至であり、その危機感を反映して、国連では1983年「環境と開発に関する世界委員会」を設置し、1987年には「地球の未来を守るために」を公表した。これは、成長の限界とは正反対に、「ゼロ成長」ではなく、「新たな経済成長」を提言したのである。これは明らかに世界の流れを変えた。

 1992年には上記勧告を受けてブラジルのリオデジャネイロで「環境と開発に関するリオ宣言」が出された。その宣言文は「我々の家である地球の不可分性と相互依存性を認識し、....人は、自然と調和しつつ健康で生産的な生活を営む権利を有する。」このようにして「持続可能な発展」は人類の能力を超え人類の権利に飛躍したとのべ、とうとう「持続可能な発展」が人類の権利の段階に飛躍したとし、その権利を現実の物にするため9つの原則をあげている。

 しかし、明るい未来を切り開こうとする「持続可能な発展」論は希望に満ちて魅力的であるが、その実現のために「何をなすべきか」に疑問や意見が残された。@.すざまじい人口増加は?、A.食料不足?は、B.エネルギー生産は?、C.資本主義体制下での工業生産は?、D.地球環境から持続可能な経済成長は?などがあり、著者の岩淵孝氏(東京教育大理学部地理学専攻)はこれらを多くの文献を元に事実に即して検証しようとした。

3.人口動態の変化

 人類は今から数百万年前にアフリカ大陸で発生したと言われ、多産多死でほとんど増えなかったが、約1万年前から農耕が始まり死亡率の低下がみられたが、衛生状態などで基本的には多産多死であった。18世紀半ばには、農業革命、交通革命、産業革命、近代医学革命、上下水道整備などで多産少死となり爆発的人口増を来した。

 しかし多産少死の傾向も長く続かず、19世紀に入るとイギリスなど先進国は少産少死となり人口減少が傾向みられるようになった。合計特殊出生率2.1%が増減の境界とされているが、2008年の先進国の合計特殊出生率は1.60%、発展途上国は2.73%と言う。国連人口部では、多少時間はかかるが世界全体では人口は減少を続け、2075年の約92億人、その後は80億人台で落ち着くと言う。

 国連では「国際人口・開発会議」を第1回は1974年ブカレストで、第2回は1984年メキシコシティで、第3回は1994年カイロで開かれ、この会議は「持続可能な開発と適切な人口政策の不可分性への認識」を「行動の基礎」におくと言う位置づけとなった。

 確かに少産少死、女性の地位向上が人口減少の支えとなっているが、サハラ以南のアフリカ諸国は全く立ち後れている。そこには残された課題として、経済社会と政治のあり方を根本的に改革する必要があるようだ。マルサスの人口論は「人口と土地の生産力の自然的不平等」に求めていた。しかし人口問題は自然現象ではなく、アフリカの事情をみれば社会現象そのものでもある、と岩淵氏は述べている。

4.地球で食料増産は可能か

 マルサス理論は人口の増加に食料生産が追いつかないと言うことであったが、事実は人口爆発が起こる前から飢餓の時代があった。狩猟時代の人類は、野生の動・植物をごく限られた行動範囲内で食料としていたので、不作や不猟があると餓死するしかなかった。人類は約1万年前に農耕を開始して事情は桁違いによくなったが、不安定であることには間違いなく、18世紀の半ば頃までは大飢饉があると「食人習慣」が復活したという。

 人類が「飢餓の時代」から抜け出すようになったのは、19世紀以後のことであった。第二次大戦後は発展途上国の食料事情は好転したが、それでも2009年時点で約10億人の飢餓に苦しむ人々がおり、1996年「世界食料サミット」を開き、「2050年までに栄養不足人口を半減することを目指すとの政治的意志」を宣言することとなった。

 一部の途上国で約10億人の飢餓人口を含んでいるが、マルサスの人口論に反し、戦後の人口爆発に対しそれ以上の食料の生産がなされている。その理由は何か。それは土地の生産性の向上によってなされたのである。土地面積は増やさず、単位収量を増加させたのである。それは「緑の革命」とでも言われた物で、遺伝子の交配による品種改良、肥料、農薬、水利灌漑など人智の限りを尽くした結果である。

 「マルサスの予言」が外れたが、例外があった。「サハラ以南アフリカの食料事情は非常に悪く、1970年以降しばしば人口増加率が食料増加率を上回り、全体としてアフリカ人口は慢性的飢餓と劣悪な栄養状態にある。マルサスの亡霊はアフリカ大陸に彷徨している」と言う記事もある。これには国際的な救援の手をさしのべなければならない。主な原因は @.農民の貧困(緑の革命に参加出来ない)A.割高な農業資材(交通不便)B.国際的支援の遅れ C.政治経済の立ち後れ(女性の社会的地位)と分析されている。

 さて、国連人口部の中位推定のビ―クである2075年の92億人の食料の確保が出来るか、岩淵氏が文献に基づいて試算している。

 2005年の世界の一人あたり食用穀物は224Kgで、これを将来250Kgと仮定し、それに飼料用食物250Kgを加えて、将来の予想を500Kg/人とすると、2075年の92億人の必要食料は 500Kg95億人=46億トンとなる。2005年の世界の実績は6.86haの畑で22.4億トンの生産を行っているので、46億トンの生産するためには(4622.4)*6.8614haの畑が必要となる。世界の耕地面積は2005年で15.45haあり、ほかに3.5haの休耕地もあり、また今後の土地生産性の向上も期待されるので、十分すぎる余裕があると言う。

 以上は陸上のことだが、岩淵氏は計り知れない海洋の可能性をのべている。2007年の世界の漁業生産高は9118万トン、そのうち海面漁業は8115万トン、内水面漁業は1003万トンであった。2007年の人口67億人で割ると海面漁業生産は12Kg/人で、全食料の数%に過ぎないが、動物性蛋白質の1/6を供給していると言う。しかし水産庁の研究によると、プランクトン植生魚介類を含めると地球上には約200億トン近くになるという。現代の漁法は「狩猟採集段階」に留まり、「農耕段階」には進んでいない。このままの漁法ではマルサスの危惧が的中してしまう。それでは「人工的に育てた魚介類を獲る魚業」に転換出来るか。それには養殖魚業と栽培漁業とがある。前者は安価な魚類を大量に与え、高価な少量の魚介類を育てる物で、タイやハマチなどがあるが、これは「資源浪費型魚業」として批判されている。後者は魚介類の卵を孵化させて海洋に放流する物で、サケ、タイ、ヒラメ、クルマエビ、アワビなどがある。最近ではマグロやウナギの養殖に成功した。これらは「資源増殖型漁業」といえるが、豊富に栄養塩類を含む深層水を表層にくみ上げ、植物性プランクトンから始まる植物連鎖を拡大しようという雄大な「海洋牧場」構想もある。これが正夢になれば、海洋の食料増産は計り知れない。

5.資源は枯渇寸前か

 人間は持って生まれた「人智」で地球上のすべての「自然物」を取り出して「資源」を創出してきた。つい最近までウランなどは無用な自然物であったが、現在はかけがえのないエネルギー資源である。マルサス主義者はいたずらに「資源の枯渇」を騒ぎ立てている。

 たとえば石油の開発は地下1万メ−トル、海面下5000メートルまで対象に含んでいるが、確認埋蔵量は現在約1兆バレルとされている。それに対して地球物理学的な埋蔵量として「原始埋蔵量」と呼ばれている物があり、その数字は約8兆バレルと言われ、現在の約8倍にもなる。そのほかにオイルサンド、オイルシェールなどと言う非在来型石油という物があり、その原始埋蔵量は13兆バレルという。従って在・非在来型の合計原始埋蔵量は、81321兆バレルとなり、これなら簡単には枯渇しないだろう。同じように石炭の原始埋蔵量は20兆バレル(石油換算)、天然ガスには非在来型「メタンハイドレート」があり、これは現在実用化されていないが、その原始埋蔵量は125兆バレルと推定されており、これらを合計すると、化石燃料は簡単には枯渇しそうもない。

 最近は温暖化の影響もあり、再生可能な自然エネルギーの巨大な可能性が見えてきている。地球に降り注ぐ直接太陽エネルギーの一年分は、世界の年間エネルギー消費量の約1万倍に相当するという。そのごく一部をエネルギー資源として利用出来るとすれば、人類は永遠に「エネルギー資源の枯渇」から解放されることになる。

 また地球の物質資源には金属資源と水資源かある。金属資源に転化する金属は地球の元素の3/4を占めると言うから地球は金属の固まりといえる。人類はこれらを精製して材料・素材資源に転化して現代の物質文明を支えたのである。使用後廃棄された物は再生使用すれば、地球の金属原子埋蔵量は無限大に近くなる。以上は地上資源だが、「海洋資源」の資源化も現実化している。「海底熱水鉱床」はすでに話題になっているが、最近は電池に使用されるリチウムが2300億トン含まれていると推定され注目を集めている。

地球の水資源は14億立方キロメートル、そのうち淡水は2.5%の約3500万立方キロメートルに過ぎない。しかもその68.7%が氷雪であり、河川と湖沼には約10万立方キロメートルとなる。このほかに再生可能でない「化石水」や短期間に再生する「自由地下水」がある。しかし地域的には水不足問題があることはたしかである。現在世界で約11億人が安全な飲料水を継続して利用出来ない状態にあると言う。海水淡水化や下水道処理した再生水などの支援が求められている。

2004年国連は「水と衛生に関する諮問委員会」を設立した。

 以上で地球の資源は巨大な潜在力があり、マルサス主義的な「資源枯渇」論が妄想の産物に過ぎないことが明らかになったが、それでは今まで通りの資源の開発・消費が正当化されるものではない。再生不可能な化石エネルギーや金属資源は、超長期的な観点からは、いずれは枯渇せざるを得なくなるばかりでなく、これまでの資源の開発と消費は廃棄物を含む様々な環境破壊を引き起こし、現代世界の持続可能性を危うくしつつある。資源の開発と消費のあり方をどうするか、現代社会の「待ったなしの課題」である。

6.「持続可能な発展」をたしかな物に

 確かにマルサスの亡霊に取り憑かれて、地球破局かと疑心暗鬼であったが、どうも様子がおかしい。人口も2075年ノ92億人をピークとし、後は80億人台に落ち着くという。食料も土地生産性の向上に、いわゆる「緑の革命」で飛躍的な増産をもたらしている。資源も使用すれば枯渇する資源だが、人智によってそう簡単にはなくなりそうもない。しかし地球規模の現代病としてオゾン層破壊と地球温暖化という大難に遭遇し、その対応に世界の人々が立ち上がっている。

 排出型の産業公害は日本でも19世紀末足尾銅山の鉱毒、富山県のタイイタイ病、熊本県の水俣病、四日市のぜんそくが「四大公害裁判」として有名だが、ヨーロッパで起きたフロン排出によるオゾン層が破壊され、太陽の有害な紫外線が破壊されたオゾン層の穴から地球に降り注ぎ、人類の生命活動を維持できなくなるおそれが、1970年代以降に現実の物となった。国際社会は1985年「オゾン層保護に関するウイーン条約」、197年には「オゾン層破壊物質に関するモントリオール議定書」を採択し、オゾン層破壊物質は、先進国では1995年以降、途上国では2010年以降、全廃されることになった。

 このオゾン層破壊対策は迅速にアクションを起こし、やれば出来ると言う教訓となったが、もう一つの温暖化対策は混迷のきわみである。科学的な確実性が十分でない無という理由で問題を引き延ばしてはならないとお互いに意見を牽制しあう状況から、「人類は、温室効果ガスを排出する権利を平等に持つと言うカーボンデモクラシー」を前提にすることになった。それでは具体的に先進国と新興国、途上国間のバランス、さらには最も影響を受ける産業界の立場はどうなるのか、混迷は深まるばかりである。

 そのような中で200912月コペンハーゲンでCOP15を開催し、「コペンハーゲン合意」を採択した。その要諦は、@.地球の気温上昇は2度Cを超えてはならない。A.気候変動に対処する長期的な協同行動を強化する。B.気温を2度〜2.4度に止めるためにはCO2濃度を350400ppmに留めなければならない。人間はこの濃度をこえる汚染には耐えることは出来ない。C.「共通に存するが差異のある責任」を再認識し、途上国資金援助を明文化した。 しかし先進国と途上国の対立は解けず、2013年以降の新たな国際枠組みを採択出来なかった。アメリカや日本の先進国の政府が「資本の論理」を押さえて、「差異のある責任」を果たすことが出来るのか。

7.筆者所感

 地球温暖化か叫ばれる中で、人口・食料・エネルギー特にエネルギーがどうなるか、さらに水力の位置づけはどう考えるのか、と考え続けてきたが、この岩淵氏の論文は晴天の霹靂であった。私は次のように自分の考えを反省してみたい。

 私はまだ古くさいマルサス理論に影響されていて、人口については先進国の最近傾向から、民生が安定し女性の社会的地位が向上すれば、世界の人口増はあるレベルで落ち着くとまでは予想していたが、食料や資源・エネルギー供給は行き詰まって、戦争が起きて、殺し合が始まるのではないかと思ったりした。さらに、芥川竜之介の小説「河童」で、主人公が河童の世界でひどい不景気が始まっても、一度もストライキが起こらないのを不審に思い、河童の識者に聞くと「この村では、不景気になると失業者を捕まえてきて、殺して缶詰にして売ることが法律的に許されている!」と説明されて愕然としたと述べられているのを思い出したり、もっとまじめに真剣に考えてみても、温暖化でCO2の排出量売買などではなく、化石燃料はいずれ枯渇するから、優先的に原子力発電やクリーンで再生可能な自然エネルギーに切り替えるのが先決で、原子力発電も燃料の多様化からウランのほかにトリウムの開発利用を促進するべきではないか、また遠い将来は海水から重水素を採択して核融合を検討するよう提言していた。

 しかし、今回の岩淵氏の論文を読み、食料も資源・エネルギーの持続可能性も環境問題の解決なくしては進まないこともわかった。食料増産は土地を増やさなくとも土地の生産性を上げることで成功したが、環境保全型産業は必ずしも確立していない。水資源も金属資源も一面では「単なる自然物」を人智による資源化への努力のたまものであるが、廃棄物処理の問題がある。石油などの化石燃料は再生可能ではない。そしてメタンハイドレートなど非在来型エネルギーなど原始埋蔵量などまで考えるとそう簡単には枯渇しない。ところがこの化石燃料は温暖化ガスを排出するので、これは直ちに再生可能な自然エネルギーにシフトしなければならない。

 国際社会は、オゾン層破壊防止のためフロンの放出禁止に成功したが、現在進行中の温暖化防止のための温室効果ガスの排出基準がアメリカの財界や新興工業国の反対で2013年の基準がどの様に決められるか行き先不透明で、大きな課題になっている。

有限な地球で人智により持続的発展を可能にするにはどうしたらよいか。今までは人智により「地球の自然物」を「エネルギーや機材などの資源」に変え、何とか世界の社会経済発展の要求に応えてきたが、今後も人智による資源開発に頼っていて良いのであろうか。

持続可能な発展のためには今後は益々、地球に人間の手を加えることになる。人間はすべて手の加えられた自然の中に生活していることになる。それは、現在の環境問題を益々大きくすることになりはしないか。すなわち、政治・経済・外交すべて環境問題に関係する!

資源小国にいる我々日本人は中長期的な観点に立ち、持続可能な資源獲得と環境保全に真剣に取組む必要がある。

   表紙      目次       backnumber2