A-71.謹賀新年 09.01.01  

 小学生の時、書き初めで「一年の計は元旦にあり」と書いたが、今も私のキイワードのひとつです。昨年の正月、旧職の仲間10名で「未来エネルギー研究会−FEWS」を結成、HPを立ち上げて活動に入った。地球を救うには、21世紀後半に於ける持続可能な脱化石燃料体制を確立し、そのための対策を提言することであつた。先ず、前人未踏の2050年以降の世界及び日本のエネルギーをいかにして脱化石燃料でバランスするか明らかにし、平行して緊急な提案を必要とする問題の検討も進めた。この中で、平成223月に撤去される熊本県球磨川の荒瀬ダム(1.8KW)に関し、情緒的でなく科学的なデータに基づく要望書10頁を作成して、415日県知事に再検討するよう提案した。知事はこの提案を評価し、事務局と2ヶ月の検討の結果、64日「撤去凍結」を宣言した。知事はまた、国が計画している治水専用の川辺川ダムの建設中止を表明し、両件とも県定例議会で審議中である、世論はその矛盾を指摘しているが、其れが矛盾でない事になれば使い捨ての産業革命時代とは違う新しい河川管理の概念となろう。FEWSは更に1120日には資源エネルギー庁長官に「化石燃料涸渇に直面する世界・日本の2050年以降のエネルギー」35頁について提言した。
 今年のFEWSは、地球資源の限界を超える産業革命の終焉に続く「持続可能社会革命」の構築を目指して果てしない戦いに挑む。皆様の健康とご多幸をお祈りします。2009年 元旦

 上記の記事は、今年の私の発信した年賀状のコピーである。身近な人のみならず、このHPの読者にも平素のご厚情に感謝しつつ、同文のお年賀を差し上げるものである。さて昨年は余り良い話が無く、暗い感じがつきまとっておりました。私のHPの掲載記事の記録を過去について調べてみると、
 最初は1997年(平成9)8月10日に三部作の一つ「21世紀後半の世界のエネルギー(主として水力)」で続いて、97.09.19に仮説「性弱説」、97.12.05に「長期的に見た水力の経済性」となっており、掲載記事の件数は、 

 年度 97  98  99  00  01  02  03  04  05 06  07  08
件数  22  39  38  39  29  16  16  19  28  17  20  14

 で、合計297件となっています。昨年は体力の衰えもあるが、FEWSの立ち上げで、神経と労力を使い果たした感じをもっております。それにい、他の幾つかの同期会の集まりもポツリポツリ参加者が減少し、良寛の句「散る桜残る桜も散る桜」が身にしみる昨今です。皆様もお体に気をつけ、良いお年を。

 第1話:
 昨年、年末にいい話があつた。王貞治の実兄である王鉄城(医師)が亡くなり、王さんが兄の思い出を語る中に、彼が早稲田実業の野球選手の時、強豪校に完封勝ちし、クラブを放り投げて喜んだとき、実兄の鉄城氏が、「相手の選手の気持ちも考えろ、感情を抑えろ!」と諭されて、はっと気づき、其れ以来ヅーットこの気持ちを持ち続けていると語っていた事が放送された。

 なんと素晴らしい言葉だ。彼等は台湾人だが、矢張り伝統的な中国人の良さをもっている。ささくれた世の中に一陣のさわやかな風がながれた。仏教学者佐々木閑氏が日々是修業と言うコラム(朝日新聞08.12.18)に「言葉を磨く=自身を磨く」と言う記事があつた。要約すると次の通りとなる。
 「言葉というのは、場合によっては人の心をズタズタに引き裂いてしまう。殴ったり蹴ったりしなくとも、悪意を込めた言葉を送るだけで、相手に致命傷を負わせる事すらできる。仏教では『してはならない悪い行為』を10種に分類するが、言葉に関する悪行が4つもある。『嘘をつく』『人の間を裂くような二枚舌』『荒々しい言葉を吐く』『理の通らないことを口にする』の4っである。こんな言葉を使つていると、心がすさみ、利己的人間になり、人の情愛を推し量る感受性が摩耗し、野蛮な獣に近づいて行く。『勝れた自己の完成を目指す』と言う佛教の道に逆行することになる。『相手の気持ちをくみ取りながら、慎重の上に慎重を重ねて誠実に言葉を紡ぎ出す』、そういう日々を送る事で、我々は自分自身を磨いてゆくことが出来るのである」と。

 この気持ちは続けてゆきたい。分かっていても、激すると忘れて悪態を付いて鬱憤を晴らすことが多いのが普通だが、怒ることは必要だが、問題は其の発する言葉が問題なのである。間違うと、上記の佛教で言う所の「してはならない悪い行為」となってしまい、全てをブチ壊しにしてしまう。

 第2話:
 昨年11月18日午後6時過ぎに起きた厚労省元次官級の襲撃テロ事件(?)の第2ケースは小生の自宅の150mくらいの位置で発生し、大騒ぎになった。こんな事件が身近に起きたのは初めてで、近くの道路は黒塗りの車や報道関係の車で大混雑でした。
 吉原氏の家は小生のいつもの散歩道のレギュラーコースにあり、その日(11月18日)の13時頃其の家の前を歩いております。この様な重大事件が自宅の側で起きたときの模様を記録しておきましたので参考にして下さい。

 1.その日(18日)の夜7時半頃、町会の世話役から電話が入り 近くで、強盗殺人事件が発生したが、
  犯人は逃走して居るので
 危険だから注意するようとの事であった。大きな音や声がするわけでもない
  ので、ほっておいたら、テレビで詳報が出て初めて事情が分かり、あわてた。
 2.翌々の20日にお巡りさんが来て、殺人犯は逃げるとき、凶器を人の家の庭に放り込むので、庭を調べ
  させて欲しいとのことで、庭を調
べられた。何も異常なし。
 3.更に午後、朝日新聞ですが、と言うて、事件の起きた6時頃何か異常なことは無かったか。叫び声と
  か、大きな音とか、吉原氏の
家庭・家族の事など、根ほりあほり聞かれた。
      
(−−これが聞き取り調査という物か)

 実はこの大それた事件を起こした小泉毅という男の動機が社会的に関心が持たれている。佐賀大学の理系の学部に入学したと言うのだから、常識的にはエリートの範囲にいる人物の筈が、どうして子供の頃のペットを処理した役所を恨みに思った行為とは思えない。だが、単位がとれず数回留年して、卒業できず放校されたと言うから、性根がないようだ。この件に関し、ネットで次のような記事を発見して驚いた。

 『....それにしても、人間という者は、漠然とした怨恨や復讐の感情によって、「殺人」と言う善悪の彼岸にまで行ってしまうのだろうか。このことを「ルサンチマン(妬み、怨恨)」という言葉によって説明したのがニーチェである。
 ニーチェは、ルサンチマンとは、被支配者或いは弱者が、支配者や強者への憎悪や妬みをため込んで生まれてくる感情であり、実は、其れが、この世の道徳や宗教を形成している根元に有ると考える。つまり、「善悪」とは、力では相手にかなわない弱者がせめて「道徳的」には優位にたって、相手を見下ろそうと言う心理、「妬み(ルサンチマン)」から発生するものであり、肉食獣に襲われた草食獣が円陣を組んで抵抗するように、弱者が強者から身を守ろうとする「畜群本能」から生まれたとする。
 ニーチェはその上で、ルサンチマンに基づく奴隷道徳としてのキリスト教を否定した。ニーチェの「善悪の彼岸」に次のような有名な一節がある。「怪物と戦う者は、その課程で自らも怪物とならぬよう、気をつけなければならない。深淵をのぞき込むとき、深淵も又お前を見つめているのだ」。
 小泉という人間も、その深淵を覗き込んで、その深淵に引き込まれてしまつた弱気人間の一人なのかも知れない。』

 とうとうニヘチェまで出てきたかと、我ながら驚いている。二階の書庫から「この人を見よ−ECCE HOMO」と言う西尾幹二訳のニーチェの小冊子を見つけ出して、調べてみると「道徳の系譜」の第1論文に「キリスト教は内向的復讐感情−ルサンチマン−の精神から生まれたものであって、世間一般で信じられて居るような【精霊】から生まれたのではなく、高貴な諸価値の支配に対する巨大な蜂起である」とし、ちなみに第2論文は「良心の心理学」、第3論文は「禁欲の理想」となっている。私のHPには、仮説「性弱説」を提案しているが、前提として「所謂社会的弱者とは違う」と断っている。私はニーチェと同じ、エッ!?

 第3話:
 熊本県球磨川では、かねて問題になっていた治水専用の川辺川ダムの建設計画、また逆に既設の発電専用の荒瀬ダム撤去と言う相反する河川構造物の施設が同時に決着を求められる事になった。これほど根が深く、難しいテーマはないだろう。実は新しく改選された哲学者樺島知事は、着任後半年で、血と涙の苦渋にあふれた正反対の決断をくだしたのである。誰もが想像できない事であつたが、この知事の示したのは川辺川ダム建設中止、荒瀬ダム撤去凍結である。矛盾であると非難する声の中で、これらは12月の県定例議会で質疑が行われている。

 確かに方や建設中止、方や撤去をやめて存続は文字通り矛盾だが、樺島哲学の切々たる説明は、其れを乗り越えているとすれば、河川その他の限られた地球資源と人間との関わり合いの将来展望の本質に係わる問題となろう。消費は美徳・使い捨ての資本主義の終焉を迎えて、新しい時代の革命が予想されるのである。

 人間に物資とサービスを提供しうるあらゆる自然と生態系を自然資本と定義すれば、物質には水・木材・穀物・魚など再生可能な原料と食料の他に更には、再生出来ないエネルギー源(石炭・石油・天然ガス)・鉱物・金属鉱石が有り、人間はこれらを自然資本からとりだしている。
 しかし、資源は天然物資として自由に提供されている。但し再生可能の範囲内である。再生出来ない資源は採掘する度に無くなる。
 更に、物質と並んで自然資本は、安定した気候、森による土地の浸食防止などにみられるように、自然が人間にこれらのサービスを今後とも提供し、自ら再生出来るようにするためには、生態系と多様性が無傷で無ければならない。

 「次に不足するのは銅だ−谷口正次著・08.12.10」と言う本を読んで驚いた。「ピークオイル」と言う言葉があるが「ピークメタル」と言うのも現実であると言うのだ。前者と後者の違いは、前者は石油などで需用者が個々に実感として日々感ずるが、後者は採掘現場で実感するが、携帯電話のように製品となってしまうと消費者としては見えなくなってしまう。

 世界中で起きている天然資源の争奪戦は、石油・天然ガス・石炭などのエネルギー資源、メタル資源、森林資源、漁業資源、水資源へと波及している。その中でメタル資源が再生可能でないことに気づくと、携帯電話やパソコンなど、当たり前のような便利な機械類の「ものづくり」の最上流で容易ならぬ事が起きていることを知るのである。

 メタルの資源埋蔵量はいくらかというと、銅は44年、鉛は16年、亜鉛は38年という具合であるが、最近中国の資源確保強化と輸出規制措置により、産業のビタミンと呼ばれるレアメタルの緊張がたかまつている。これらは再生可能資源ではないのである。この中国の激しい資源戦略は世界の注目するところだが、最高主導者の胡錦涛主席は精華大卒の水力技術者、温家宝主席は北京地質学院卒の地質技術者であり、中央政治局の常務委員には殆ど全員が、機械・電気・電子・制御・化学・資源・土木等工学技術者が占めているのが、この様な政策決定が速い理由だろうと言われる。これでは文民統制ではなく、世界の不安は残る。

 化石燃料涸渇と騒いでいたが、鉱物資源も枯渇寸前と言うことがわかる。エネルギーについては「核融合」と言う奥の手があるが、それにしても超高温高圧に耐えうる機械設備の材料が必要だ。我々人類の将来の生活・産業のあり方について洞察出来ない。私どものFEWSの研究でも、わずか100年先のことでも、人口推定と産業構造のあり方に関する考察等は全くない。いや検討したくても出来ないのだ。たとえば、FEWSで、2100年で日本の人口は低位推定で48百万である。現在の約1/3である。更に減少傾向を示す数字か公表されている。「是では国の形が保てるのか!として2100年以降を50百万」に仮定したとする経緯がある。 

 今年は是非とも、「持続可能社会」とはどんなものか、朧気なものでよいから、何かメドをつけたいと思つている。

   表紙     目次      backnumber2