A-79.平成23年東北太平洋沖大震災・大津波は天罰か  2011.03.27

目次
  「その−1.石原慎太郎の暴言」
  「その−2.東京電力のばか野郎」
  「その−3.東電社長は何処にいる」
  「その−4. 原子力の安全神話」
  「その−5. 電力の融通」
  「その−6. 水力と原子力は?」  

2011.03.11午後24640秒、東北太平洋沖にM.9の超大規模の地震が発生し、10mを越す大津波が500Kmの海岸にわたって襲った。現在の推定では、死者、不明を含め約27千人以上に及ぶと言う。もう一つの問題はこの地域に東電の福島第一、第二及び東北電の女川原子力発電所が被害を受けたことである。

今日で約2週間経過したが、当初は情報が錯綜して、実体の把握がなかなか出来ず、記録にとどめようにも、内容がコロコロ変わるようでは、活字に残すと問題を起こす恐れがあり、しばらく様子を見てきたが、そろそろトピツクを拾って、課題のエネルギー問題の将来を検討する糧としたい。

「その−1.石原慎太郎の暴言」

たまたま、この大地震の起きた日に東京都知事4選出馬を表明した石原慎太郎氏が14日に発言した内容が問題になった。その要旨は「日本人のアイデンティテイは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う。」これにはマスコミを含め各方面から、悲惨な被災者に無神経だと一斉に非難があふれた。ご本人は言葉足らずとして撤回したが、本音は、今日の日本のスタンスをこんなボロボロにした政・官・材のリーダー達に言いたかった言葉ではなかったか。政治家は与野党を問わず政策を忘れて政局と言う“我欲”に奔走し、官僚は国政をもっともバランスよく、公正無比に運用する事を忘れて省益や自己保身と言う我欲に走り、また資本家は利益のために見境のない我欲を平然と行う、これらに対して鉄槌を下したのではないかと思う。私は石原氏に同感する。被災者はその犠牲になったのである。この我欲説に同調する意見も散見される。それともう一つ、戦後吉田茂首相が、屁理屈をこねて反対する似非学者を「曲学阿世」と一渇して退けた事が思い出される。

「その−2.東京電力のばか野郎」

 東電側が14日夜、「全員退去したい」との意向を枝野幸男官房長官と海江田万里経済産業相にそれぞれ電話で申し入れた。両氏は認めず、首相に報告した。首相は15日午前4時過ぎ、清水正孝・東電社長を官邸に呼び、「撤退はあり得ない。合同で対策本部をつくる」と通告。その後、早朝、東京・内幸町の東電本店を訪れ、事故対応に追われる社員が会議室に集まったが、首相は「こんなに大勢が同じ場所にいて危機管理ができるのか」と非難した。そして東電幹部らに「覚悟を決めてください」と恫喝した。直前に東電側が「第1原発が危険な状況にあり、手に負えなくなった」として現場の社員全員を撤退させたがっているとの話を聞いていたからだ。 

管総理は、テレビで爆発が放映されているのに官邸には1時間連絡がなかったとし、「撤退したとき、東電は百パーセントつぶれます」と。会場の外にまで響いた首相の怒声は、蓄積していた東電への不信と初動でしくじった後悔の念を爆発させたものだ。官邸に戻った後も「東電のばか野郎が!」と怒鳴り散らし、職員らを震え上がらせたという。これでは面従腹背になってしまう。
 官邸も機能不全に陥っている。「一度に複数のことは考えられない」(周辺)とされる首相の関心がもっぱら福島第1原発の対応に集中した結果、被災地復興や被災者支援は後回しになった面もある。何事にも官邸主導を見せようと首相と枝野氏ばかりが表に出て、大震災の直接の担当責任者であるはずの松本龍防災担当相はほとんど官邸内にとめ置かれている。平成7年の阪神淡路大震災では、権限を与えられた当時の小里貞利特命相が現地で陣頭指揮を執ったり、テレビで被災者への呼びかけや政府の対策のPRを積極的にしたりしていたのとは対照的だ。

「その−3.東電社長は何処にいる」

清水東電社長がマスコミに現れたのは唯の1回である。福島第一原発は結果次第ではチェルノブイリ事故という世界第一級クラスの大事件になる可能性がある。そうはならないよう全身で願っているのに考えをお聞きしたいものだ。

管総理が官邸で、笹森清内閣特別顧問(東電出身)に会った際、菅首相は「最悪の事態になったときは日本がつぶれることも想定しなければならない」「僕はものすごく原子力に詳しい。(東電は)そういうこと(最悪の事態)に対する危機感が非常に薄い」と批判したというのだ。これは後で笹森氏が明らかにした。

原子力ではないが、黒四ダム建設の際、唯一の建設資材輸送ルートである大町から黒部川に通ずるトンネル掘削で大地下水脈に逢着し、半年ほど工事がストップしたとき、時の太田垣関電社長が不安に沈む現地に乗り込み、「金のことは心配するな、但し紙一枚、鉛筆一本始末にするな!」と声涙ともに下る説話をしたと言う。居並ぶ現場の職員は涙を流し奮い立ったという。
 また、あの有名な佐久間ダムの話で、暴れ天竜の最下流での仮締め切りは当時の日本の技術では無理で、所長の石川栄次郎氏はダムのベテランで技術を知っているからこそ、佐久間の工事には慎重であつたのに対し、高崎達之助は陣頭指揮に立ち、先ず石川所長を数ヶ月海外の難工事のダム現場の視察に派遣し、その留守に永田年を所長代理に置き、野瀬正儀土木課長をアメリカに派遣し、大土木工事の機械化施工技術の実体を探らせ、アトキンソン社との技術提携を成功させ、一気に佐久間ダムの仮締め切りと言う難工事に成功し、155.5mの高ダムの完成に導いた。これが図らずも我が国の大規模土木機械化施工技術の嚆矢となったが、当時前例のない中で、躊躇することなく適切で果敢な行動をとった会社トップの態度の心意気に打たれる。

しかし肝心の東電本社はともかく、現場では次のような話があったと言う。

(エピソード−1)福島第二原発の社員である大槻路子さんの投書である。福島第二原発の自動停止、冷却停止成功の経緯です。
 これは渡辺亮次郎氏のプログ「頂門の一針」に載せられたもので、「とにかくその訴えを以下に紹介します。 できるだけ多くの人に読んでいただきたいという発信者の願いにも沿ったものです。」とあります。引用はじめ、
 今日の朝方 発電所から避難させられ福島の親戚の家で家族と合流しました。とりあえず私は無事です。お前だけは安全な所へと言われ泣きながら企業さんの車で発電所をあとにしました。本当にこのような事になってしまい本当に申し訳ありません。
 東電はすごく叩かれている。でも逃げずに命懸けで作業を続けているのも東電です。どうか非難しないで下さい。私も東電の社員として福島第二原発の所員として昨日まで現場対応に参加していました。大津波警報で夜中の3時足元も見えないまま死ぬ覚悟で海の目の前での復旧作業冷却機能のある機械は海側のため津波でやられてしまい、なんとか復旧しようとみんなが必死でした。みんな疲労と戦いながら足を引きずりながら作業にあたっていました。冷却機能を復旧できなければ第二原発も第一原発のような爆発が起きていました。それを防いで全号機冷温停止させたのも東電です。発電所を見捨てて逃げれば こんな状況では済まされません。逃げずに立ち向かっているんです。波の影響は想像を遙かに超えていました。地震だけであれば第一原発の爆発も起きなかったんです。
 みんな自分の命を顧みず 停止する作業に全うしています。多々噂があるけど避難勧告の圏外にいれば健康に影響ある程浴びる可能性は低いです。健康に影響がある程浴びるのは発電所で頑張っている作業員のみんなです。殆ど寝ず食わずで現場に行っています。噂に左右されず 避難勧告圏外へ避難して外気になるべく触れないようにして下さい。彼氏は今もずっと発電所で夜勤を続けています。今はただ皆の安全を祈るしかできない。一番怖いのは発電所で作業している皆です。逃げずにそれに立ち向かっているのは東電と関係企業さんです。 家族との連絡がつかない人もたくさんいるけど現場へ向かい作業しています。それだけは忘れないで下さい。一人でも多くの人に知ってほしい。悪用防止の為コピーではなくURL公開して下さい。発電所のみんなは逃げずに今も戦っています。住民の皆様には不安な思いをさせて大変申し訳なく思っています。誹謗中傷 覚悟の上で名前も載せます。皆を守る為自分の命と引き換えに今も作業をしている人がいます。

 こんな状況ですが 自分の命を顧みず立ち向かっているみんなを見て。一緒に復旧作業に当たることができて 東電社員であること 福島第二原発所員であることを誇りに思います。  東京電力 福島第二原子力発電所 電気機器グループ 大槻 路子 以上引用終わり

(エピソード−2)「使命感持って行く」電力会社社員、福島へ―定年前に自ら志願

 福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。男性は13日、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し無事の帰宅を祈る。男性の妻(58)は「彼は18歳の時からずっと原発の運転をしてきた。一番安全なものをやっているという自信があったんだと思う」と話す。出発を見送り「現地の人に安心を与えるために、頑張ってきて」と声を掛けたという。

(エピソード−3)ウェブサイトにこんな記事もありました。

被災地では被災した人たちの秩序正しい礼節さが伝えられ、ほかの国では当たり前のように起きる略奪のたぐいはあまり起こっていない。このことを世界中が驚き、日本人の倫理性の高さは国際的な称賛の対象となったのである。地域コミュニティーが残っている東北という地域的事情もあるにせよ、日本人の共同体意識、モラルの高さが世界に認知されたのだ。
 であるにもかかわらず、国家リーダーが目を血走らせて、青筋を立てている。この非常事態に本当に対応できる首相であるのかどうか、国民はいま、そこを見極めようとしている。

「その−4.原子力の安全神話」

 私が通産省時代に個人的に命名した電力3奇人の内の一人に故伊藤淳一火力課長と言う奇人が居た。彼はたまたま私の出身校浜松一中の20年の先輩で機械屋であった。ある私的な酒の席で「俺は絶対に飛行機に乗らない。あんな危険な物にはさわりたくもない!」と言われて驚いて、すぐ反論した。「大体電力局火力課というのはトップクラスの機械技術屋の集団ではないか、その課長ともなれば機械技術の神様みたいなものではないか」と。そうすると彼は「明治以来、日本の火力技術の完璧な保守運営が維持できるよう諸先輩が苦心して電力業界、メーカーに厳しく対処してきた長い伝統が続いて来ている。それが今の火力技術行政のベースになっている。俺はその精神が自分の心に完全に合致しているだけだ」と説教された。私はそれ以来、飛行機に乗らない事を実践している日本一の機械屋さんと言う意味で、3奇人の一人に命名したのである。

 その後昭和40年代に入ると原子力課が出来て新しい伝統が作られることになる訳だが、それが現在の原子力安全・保安院となっている。上記故伊藤淳一課長ほどの気概が在るだろうか。ウェブサイトに次の様なプログがあった。

「原子力保安院は何をしていたのか?安全であると外部に言うことで、真の危機管理を忘れていたのではないか?又、原子力発電を受入れ、近隣と合併せず、税の恩恵を追求した自治体や政治家の責任は重い。その意味では、石原都知事の発言の、別の切り方から見た側面は正しいと思う。自治体の消防に原子力発電の事故対応は任せられない。こんな簡単な対応ができていない日本の原子力発電政策は間違っている。殆ど、自民党時代であるが!」

(エピソ−ド1.−11.03.18朝日新聞記事

「山田きみ(81)さんは集落毎ほぼ全滅した石巻市鮫浦で暮らして居た。徒歩で約2キロ逃げてたどり着いたのは、東北電力女川原発のPRセンター。そこから原発側が用意していたバスで原発の中にある体育館へ非難したと言う。...女川原発では地震後1号機の地下で火災が起きたが自衛消防隊が消した。その後40代の女性社員が2日間原発内に残った。...電発関係者に拠ると、女川原発は標高15m程の高台にあり、津波は構内に入り込まなかった。...」

 このように、同時期に同じ津波被害を被った東北電力の女川原発は所員の的確迅速な対応処理により、無事自動停止、冷温停止に成功している。これは上記東京電力の大槻路子社員の報告にある福島第二原発(無事自動停止、冷温停止に成功)のように共通するものがある。

(エピソ−ド2.)                                              

 東北電力に平井弥之助と言う副社長で水力屋の怪物が居た。話によると、平井弥之助氏が、女川原発設計当時、津波の高さを考え、反対を押し切って海水面より14.8m以上に設置位置を変更させたという。事実、津波発生時、避難民の待避場所として使用される程のレベルであつた訳だ。平井氏はまた、また液状化等と言う考えが普及していなかった時代に火力発電所の基礎設計に、その対策として、周りの地下数十mの深さに四角形の壁を設け、後に起きた大地震に耐えたと言う話も窺ったことがある。ついでに私にとって平井氏に忘れられない話がある。私が水力課長の頃、電力を主体とする総合開発ダム計画(ダム高さ113m、出力75MW)を平井氏に持ちかけたことがある。そのとき平井氏は「国と一緒に仕事をして損することがあっても得する事はない」と言って断られた。私はそのために、企画庁を中心にして関係各省間で総合開発の費用負担の方法を政令で決めたのであるから、そんな心配はないと説得したが、納得をえられなかつたことがある。結局これは建設省によって建設された。平井氏は私に言わしめれば、企業人として全て総ての責任を守ると言う一徹さに尊敬に値する電力奇人のひとりである。今にして思うと、最近の八ん場ダムや川辺川ダムの経緯ように”完成時期”と”工事費の増額”に無関心な国の仕事に事業家としての責任感が追い付いて行けなかったのだろうと推測する。 

(エピソ−ド3.)電力3奇人として故伊藤淳一氏の説明をしたが、後の2人は誰だと言う質問がありそうなので、ここに紹介したい。

伊藤淳一:「俺は飛行機に絶対乗らない。あんな危険な機械は信用できない!!」

高村善博:電気屋元公益事業局技術長

 私どもごく身内の私的グループ2030名位の会合の時であつた。最初に善博さんが立ち上がって挨拶のスピーチがなされた。その第一声で「人間と言う者は、2030人位集まると必ず1人位“変な奴”がいるもんだ!」と宣うた。一同びっくりして大爆笑、しかし、発言したご本人が、そのいわゆる“変人”であることを知らずに発言したのか、知らないで発言しのかと言うことで、また大爆笑がおこつた。

 これは本当にすばらしい発言だと思った。早速水力課に戻って、一人一人チェックしてみると2名ほどいた。この“変な奴”と言うのは、独特の個性を持つ尊敬に値する人物のことだ。こういう発想をする高村善博さんはどこでどういう修業してきたのかと、彼自身の「特性」であったのかと羨ましく思った。それで電力3奇人の1人とした。

 それから、私は、転勤したり、出向したりしていろいろな変わったグループの中に入って仕事をしたが、いつも先ず第一に、高村理論を適用して、それをわきまえて、付き合いのトラブルを乗り越えて、思う存分仕事を追求することができたと思っている。ある時、数ヶ月探したが、“変な奴”がどうしてもいないので、?を感じていたが、自分がただ一人の“変な奴”であつたのかと納得して苦笑したことがあった。

新井義輔:土木屋(元経済安定本部総合開発課長−「発電水力上下」の著者・工学博士)

 大同電力で三浦ダム(当時日本で最高ダム高さ)の設計をしていたが、昭和13年、電力国家管理で逓信省電力局の転じたいわゆる「国管組」の侍であった。

 私が昭和22年商工省に入ると、新井義輔さんのところに配属された。4〜5年経た頃でしたか、私は小生意気にも、上司の新井さんに向かって「我々水力の行政は、河川法の水利権獲得に内務省の河川局に根っこを押さえられ、訳の分からぬ電力局内では電気屋や事務屋に押さえられて、自由奔放に思うようにできない。我々は水力課をまとめて、内務省河川局へ身売りすべきではないか」と愚見を呈言した。

 新井さんはしばらく黙っていたが、おもむろに口を開いて「内務省の土木屋も商工省の土木屋も同じ河川を扱かっているが、内務省の連中は高水を対象にして堤防の高さを問題にしている。商工省の我々は、水の流れを電気の流れとしてみるのだ。電気の流れを知らずして、適正な規模、経済性をわきまえた水力計画を立てる事ができると思うのか!!馬鹿な考えは休み休みいえ、バカモン!」と一喝された。私はこの一言で、商工省に忠誠を誓うことになったのである。電力3奇人の一人とした所以である。

 未熟で小生意気な若者の発言にも関わらず、誠意を持って、的確な教訓を与える新井さんを心から信頼をおくことになったのである。

残念だが、上記3奇人とも鬼籍にはいってしまった。

「その−5. 電力の融通」

このたびの東北沖で起きたM9の大震災は日本の価値観を一変する程のトリツプルトラブルであった。世界でも4番目と言う大きい震度の破壊力、そしてさらにそれによって起きた10mを越える大津波の来襲、それに加えて原子力発電の暴発の怖れ、さらにそれによる電力の供給力欠如となる。

 この世紀の大きな課題は温暖化と化石燃料の枯渇によるエネルギー対策であった筈である。そのために、原子力の活用が救世主とされて世界に原子力ルネサンスが巻き起こった。これでここ数世紀は何とかなると、腹を決めつつあるときに、日本で起きた大津波で原発神話が崩される怖れが起きてしまつた。この解決のために、日本の政党政府、原子力安全保安院、東京電力の3者は世界に向かって全力を尽くす責任がある。

 日本固有の問題として、原子力発電破壊による電源不足、そしてそのための国内の他地域からの電力融通対策か必要となる。具体的にはこのたび災害を受けた東電の原子力発電が東北の被災地にあり損傷を受け、大きな供給力減となったのである。そのため東電は他社からの受電を求めるわけであるが、実はサイクルが5060で変換しないと、西日本からの送・受電ができないのである。実はこの問題は戦前からあり、電気機械を海外から輸入する場合に東はドイツの50サイクル、西はアメリカの60サイクルであつたのである。もちろん周波数統一の動きはあったが戦後まで持ち越されてしまっていた。       

確か戦後の電力再編成の動きがあったころ、私達戦後入省組の若手技官は故石井泰安を押し立てて、今こそ周数統一のチャンスだ。これを逃したら実現は困難と騒いだが、コスト負担問題では、東西で半々にと言う以外に策がなく、この問題は立ち消えになってしまつた。これは返えす返えすも残念至極であつた。やるべき時に遮二無二やるべきであった。電力供給の合理的安全保障の観点から、今からでも遅くないのではないか。まさかの時に、どちらかが両方に効果が生じ得るのだから、またサイクルを更新する方は設備が新しくなるのだから、設備を変更する方は2/3とし、変えない方は1/3とし、必要があれば国の安全保障とし、補助金を検討してもよいのではないか。60年前に強行しておけば、コストも少なくて出来たのに、残念であった。

「その−6. 水力と原子力は?」

パソコンのプログに次のような記事があった

「原発なくして日本の経済活動の活性化は望めない。「コンクリートから人へ」だのといったサギまがいの公約を掲げた政党が政権を握っているのが、なんとも悲劇である。 そういえば「脱ダム宣言」などというのもあった。原発がつくれなくなれば、せっせとダムをつくって水力発電に頼らなくてはならない。」

 イ.水力は

 そういえば、昨年H.22.03熊本県営藤本水力(18MW)が政治家の陰謀で撤去された。これは人災が天災か?経緯を略説明すると、この水力はS.29年に竣工したが、H.15年水利権更新時に自民党県議団が電力自由化で藤本水力は赤字になる、住民の声明と財産を守る川辺川ダムとは異なり撤去して差し支えないとして県議会に荒瀬ダム撤去議案を提出した。これは民主党候補を破って当選した女性の潮谷知事の選挙地盤を補強するためダム撤去する、その代わりに川辺川ダムの開発促進を図ると言う裏約束があった。わずか10日ほどの審議で撤去案件を条件付きで可決してしまった。この条件というのは、九電との買電契約のある7年後のH.223月まで延長するとしたのであった。その後H.20年の知事改選期に、優柔不断な潮谷氏は自民党の支持がなく立候補出来ず、乱戦となった。熊本県出身で苦学してハーバード大学で政治学を納め東京大学の教授をしていた蒲島氏が立候補し圧倒的な勝利を収めた。4月の就任早々球磨川の河川開発に疑問を持ち、2ヶ月ほど職員の缶詰作業を行い64日、藤本水力撤去凍結宣言し、続いて秋には川辺川ダム開発中止と言う自民党の政策とは全く逆の政策が新知事によって打ち出された。この間所管官庁の動きは全くなく、僅かに九電が知事の凍結宣言の直後、16年間の買電契約の調印にサインし、知事を応援した。しかし翌年21年に劇的な政権交代で民主党が政権を執ると、管総理や前原国交大臣は、マニフェストに唱っていないではないか、時代に逆行する。強行すれば党をあげて阻止する。老朽化ダム等の撤去に社会資本整備特別交付金制度を検討している。考え直せと威嚇したという。樺島知事は藤本水力の存続の改訂水利権を用意していたが、その交付金制度の見通しを待って保留していたが、水利権の切れる1ケ月前のH.2202月になって、前原大臣から、交付金制度の審査の結果、荒瀬ダムは老朽化していないとして適用除外に決定したと告げられ、さらに水利権の更新手続きには地元調整の時間がなく受け付けられないと告げられ、為すすべもなく水利権は自然消滅してしまった。さすが平成の後藤新平と言われた蒲島知事も「騙し討ちに合った!」と絶句したと伝えられた。これは明らかに人災である。50年後には約200億円かけて再建されることになると確信(?)する。併せて東西南北の周波数統一も!

 電力会社はかつて既設水力で不正取水して数百件の摘発を受けた事があつたが、このたびの原子力の災害に拠る電力不足に備え、河川管理者から、特別の支障がなければ、最大取水量利用の幅を緩和する事を許すと、即9万KW程度増加が可能になると言う数字が述べられている。一歩進めて、河川維持用水も一律の基準に拠らず、状況に応じて弾力的に決めるような方法の検討をしてもらいたいものだ。全国で約90KWH出力増になると言う試算がある。

 温暖化問題、化石燃料の枯渇の脅威から逃れるためには、原子力と水力を中心にして後は太陽光・風力+バイオマスなどの再生可能のクリーンで持続可能自然エネルギーを補完してまかなうと言うのが、ここ当面の世界のエネルギー課題であったが、その中で最大のそして肝心の原子力がその重要な期待を失うとなればどうするのか、大きな問題をかかえることになる。

 水力は途上国を中心にして、毎年数億KWオーダの単位で活発な開発がすすめられている。これは維持管理に十分な慎重・配慮を払うことにより、地域との共存をはかり、かつ耐用年数を越えて未来永劫発電を進めることによるコストの低減によってエネルギー供給の万全を期することができるが、相棒の原子力は一体どうなるのか?

 ロ.原子力は

 現在ウラン原子力には、上記放射能安全の外に2つ問題がある。廃棄物処理対策と高速増殖炉の技術開発である。これは時間と資金をかけて懸命に努力している所であるが、核燃料の多様化の面から、平行してトリウムの利用が考えられるが、よく理由が分からないが、なかなか俎上にあがってこない。この3月の東日本の震災以前にも中国のレアアースからトリウムが大量に含まれ、各国で関心が高まると言う情報が広く流れ、我が国もNHKのクローズアップ現代で解説されている。 我が国では、古川和男博士のグループが50年以上かけて研究を続け、1万Kwの実験炉「miniFUJIの設計を用意し、費用約300億円の実験開始を待っている。東日本の震災を契機として、トリウムに関して渡辺亮次郎の「頂門の一針」で次のようなコメントが流れているので、紹介してみよう。

(読者の声4-3263号)地震は怖かったですね。都内の民家が柳のようになっていました。原子力発電は、これを機に放射能や核物質が殆ど出ないトリウム原発に切り換わって行くのではないでしょうか。放っておいてもウランは枯渇と価格高騰で、埋蔵量豊富なトリウム原発の時代が来ると言われていますが。
トリウム原子力発電は既存のウラン型施設が利用できず、新規に莫大な設備投資が必要となるのでどこも二の足を踏んでいますが、ウランの枯渇も20年前後と言われていますし、先行事例を作ればトリウム原発を輸出できて、日本の有力産業になると思うのですが...。 (TH生)

(読者の声6)貴誌3263(読者の声4)でTH氏が「先行事例を作ればトリウム原発を輸出できて、日本の有力産業になると思うのですが...」と書かれましたがまず不可能です。
 戦前、トリウム型原子力発電を研究していたのはおそらく世界中で東北帝国大学だけだったとおもいます。しかし、戦後、サンフランシスコ条約発効後も日本では全く研究されていません。
 その間、米国やカナダで研究が進み、現在では中国も研究を行なっています。長年のギャプを埋め、先行している各国に追いつくだけでも、20年では無理でしょう。
 もし開発するなら米加の何れかから基礎技術の供与を受けて開発ことになりますが、高い技術料を払って、薄利のうえリスクが伴う建設と保守の責任を取らされることになります。トリウム型原子力発電が有効か否かとは別の次元で日本にとって有利なものではありません。
(ST生、千葉)

 新しい原子力技術についても上記の読者の声は全く正反対の方向を向いています。このような世界的危機に対処するにはあまりにも中身の議論が薄いと感じざるを得ません。もちろん正逆反対の意見があってしかるべきだが、その裏づけの根拠が皆無だ。

 我が国のトリウム熔融塩発電研究は50年以上の実績を持つが、その意見は要約すると次のようになる。

 実用化する「トリウム熔融塩発電」は、従来の原子力発電と同じ核化学反応を利用した発電だが、従来の原子力発電がウラン酸化物より成る固形燃料を使っているのとは異なり、地球に存在するもう一つの核物質であるトリウムのフッ化物をリチウム・ベリリウムのフッ化物の熔融塩(フリーべ)に溶かした液体燃料を使った発電である。

@.トリウム燃料を使用しているため、クリーンエネルギー発電である
 イ.プルトニウムを作らず、平和利用にしか使えない、
   従来の原子力発電の持つ最大
の問題点である「核拡散」の危険性がない
 ロ.高レベル核廃棄物をほとんど生成しない
A.化学的に安定な液体燃料を使用し、核燃料棒を持たないため、安全性が極めて高い
 イ.暴走によりスリーマイル島、チェルノブイリ事故の再現は原理的に起こり得ず  
  ロ.万一熔融塩が炉外に漏洩しても、空気と反応せず、ガラス状物質に固化するのみ
B.経済性にも大変優れた特徴を持っている

イ.     トリウムはウランより地球上の埋蔵量が多く、3〜4倍
ロ.     炉の構造が単純で、発電コストが安い、
ハ.     小型化が容易である、
ニ.     燃料の再処理が容易である、

以上のような具体的な中身について、さらに激しい議論を戦わせてほしい。将来のエネルギーの中核として期待されるトリウムについて、深い造詣を持ち、実験炉設計miniFUJIなど具体案を用意されている古川博士にも積極的なアクションを起こして頂くよう期待するとともに、政府関係機関にも提言しなければならないと考えている。       
 参考  古川博士のHP:   
http://msr21.fc2web.com/

2011.03.27

 
   表紙     Backnumber2    目次