J−2  荒瀬ダム撤去問題を問う




       投書22:バイオ燃料が俄然世界の注目を浴びていますが、バイオエタノールでなく、バイオメタノールに注目!!
               (07.10.27)     Y・Mさん

          面白いニュースを見つけました。鈴木先生の主張しているテーマです。朝日新聞(07.10.27)の文化欄の「今月の注目論文」です。
   
      「科学10月号の鷲谷いづみ”セルローズ系エタノールへの期待”が目を引く。バイオエタノールは人間の穀物を奪うとの批判が高まってい               るが、食料にならないササなどのセルローズを原料にすれば問題にならないと言う提案。」  


   筆者所見:持続可能な社会構築の一つに「先進的原子力発電所、トリウム熔融塩炉」を注目! (07.11.30)new      

     数日前、ある会議のコーヒーブレークで原子力界で活躍されていた方に会い雑談で「トリウム」の事を話題にしました。彼はそれはよく知            ってい るが、どうもコストがはっきりしないと言うような意見でした。私は、最近の地球温暖化で各国とも原子力に力を入れ始め、ウラン鉱石の            確保に狂奔し数倍に値段が上がったという事を考えれば、ウランの数倍の包蔵量があると言われるトリウムが対抗馬になれば、経済の原則                 で値段も安定するのではないかと述べ、ほかの話題に移リました。

   そのとき私は、火力にも石炭・石油・天然ガスさらにはオイルシェ−ル、ハイドロメタンなど原料は多彩である。原子力もウラン・トリウム があっ      ても少しもおかしくないのではないか。又原子力基本法 【定義】第3条の2に、「「核燃料物質」とは、ウラン、トリウム等原子核分裂の過程にお         いて高エネルギーを放出する物質であつて、政令で定めるものをいう。」 となっているではないか。

    丁度そのころ京大の亀井敬史準教授が古川博士に送ったメ−ルのCCが入りました。亀井氏は古川博士のよき後継者で、たまたま私の個        人HPを見てミスを色々指摘していただき恐縮していたのです。そこで早速上記CCを拝見して、若い人たちはもちろん、社会で活躍している 人         たちに広くトリウムの意義を理解してもらう必要がますますあると思い、早速亀井先生と古川博士に私の個人HPに紹介させていただきたい旨             お願 いして了解を得た次第です。

  1. Subject::昨日の立命館、無事+好感触で終えました (07.11.23 pm3)  亀井敬史

  古川先生 昨日、立命館大学での研究発表、無事に終わりました。 中国からの留学生が多く(10人ほど?)、中国での原子力の 拡大など、関心を持っているようでした。また、福井出身の学生は、 トリウム熔融塩炉の安全性に強い関心を持っていました。 さて、その席で阪大の盛岡通という教授から、「亀井さんのその 原子力の話だったら、とても面白い。阪大の地球環境問題に 関わる原子力の連中はぜんぜんしっかりやろうとしない。 一度、電力中央研究所の谷口武俊社会研究所所長と懇談 されることをお薦めしますよ。それと、杉山大志さんも傑出した 人物だ」と二人の人物へのコンタクトを薦めてくださいました。 一度、上述の盛岡通教授を通してこれらの方々に連絡をとって 見ようと思いますが、古川先生は、ご存知ですか? 

 それぞれの紹介はこちら↓
  谷口武俊:http://criepi.denken.or.jp/jp/serc/serc/profile/taniguchi.html
  杉山大志:http://criepi.denken.or.jp/jp/serc/serc/profile/sugiyama.html
  (盛岡通:http://www.see.eng.osaka-u.ac.jp/em/staff.html
  もし会うのであれば、昨日お渡ししたPPTの資料に示すような 具合で、「温暖化対策のために核エネルギーは必要だが、現行の ウラン軽水炉路線は難しい点が多い。トリウムの利用を真剣に考える 時期ではないか?核拡散抵抗性や廃棄物のこと踏まえると熔融塩炉が 一番の道ではないかと思う。100年オーダーの長期的なスパンでは 太陽光起源の再生エネにシフトするが、中期的な戦略を、実現可能な レベルで組んでいかないと地球どころか日本が持たない。意見を 聞かせて欲しい」ということに持っていこうかと考えています。

  それと、昨日、また別の方と知り合いになりました。 農林中金総合研究所の特別理事で「蔦谷栄一」という方です。
  http://www.ruralnet.or.jp/ouen/meibo/340.html
  農業に軸足を置いておられますが、感銘を受けました。地産地消を> 哲学的にとらえておられ、また、町や村、国には適正なサイズがある、 など誠実な印象を受けました。奥様も来ておられ、私の講演資料を お渡ししました。その中で、奥様は「高木仁三郎さんの勉強会に 参加し、原子力はダメだと思っていた。しかし、トリウム熔融塩炉 というものが、ゴミの問題を解決し、安全性を高め、しかも軍事利用が できないというのであれば、それなら良いことだと思います。」と おっしゃっていました。(奥様は小学校の先生をしておられるとのこと。 聡明な方でした)そのような会話をしたこともあり、「原発」革命を お薦めしておきました。お二人は東京在住です。

  2.古川先生、皆様 (07.11.23 pm11)   亀井敬史

 昨日(11月22日)は、先日、紫綬褒章を受章された佐和隆光教授より機会を与えていただきまして、立命館大学の環境政策を学ぶ学生を対象としたワークショップにて、古川先生よりご紹介いただいた研究の報告を行いました。そこで用いた資料をPDFとしてお送りいたします。

 報告内容は、この8月10日に日本経済新聞の経済教室に掲載された記事をベースにしております。立命館の学生ということで、特に、中国を念頭に置きながら話をいたしました。(立命館大学は中国との関係が強く、今回も留学生が多く参加しておりました。)その上で、持続可能な社会構築をいかに成し遂げていくかを語り、また議論いたしました。ご多忙の中かとは存じますが、皆様からもご意見、ご感想などお聞かせいただければ幸甚に存じます。

 追記)福井出身の学生さんも、”早速「原発」革命を注文した”とメールをよこしてくれました。その上で、「原発立地地域に国や電力会社から来るお金は無視できない存在になってしまっている。」と偽らざる心境も吐露してくれました。そういった状況を根本的に解決するものとして、トリウム熔融塩炉が実現されればと願っている次第です。

 筆者注:こういうメ−ル交換の真摯な様子を拝見すると嬉しくなってしまいます。もちろん地球・人類に関わる長期の大問題ですから、政界・財界・世論が動かなければ如何ともし難いですが、このような科学技術者の積み重ねがなければ、何も出来ないのも又事実です。トリウムも1965〜1969年に米国オ−クリッジ国立研究所で実険炉に成功して以来、苦難の道のりに耐えて今日までその技術が維持改良されて伝えられているのです。それ等の実現を必要とする時期がようやく来たといえる事が出来ましょう。広く新しい研究者が増えてきていることが読み取れます。ますます慎重な展開を期待しております。 なお、亀井先生の「持続可能社会構築へ向けて−革新的技術の評価−」のPDFがこのページに転記出来ないのが残念です。技術的検討中です。以上